FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



イベリコ豚
火曜日は,ちょっと知らないフレンチのレストランにいました。
そこで実はイベリコ豚初体験だったんですよ。

料理はシンプルなグリルで,ソースはなし,付け合せも野暮ったくアメリカンなフライドポテトで,実に僕にうってつけの1皿です。

この,野暮ったいという表現は実は僕なりの誉め言葉。
僕はあまり料理にシャープさ,スタイリッシュさは求めません。
食べやすさ,満足さを重視した適度に野暮ったい料理が素晴らしいと思っています。

さて,お約束のイベリコ豚ですが,なるほどこれはかなり脂がじゅわっと垂れます。
脂なのに味が下品でなくて,まろやかで上品な脂。
ソースがないのは,ソースを加えてしまうと芳醇な脂の味が死んでしまうからだと思います。
これはナイフやフォークを使わずに紙ナフキンで骨のところを包んで,そのまま齧ってしまいましょう。
肉質は普段我々が食べている国産の豚肉よりも少し硬めです。
硬いなとは思いますが,すぐになれてしまう硬さです。

このイベリコ豚,実は食べた後の骨の腱も,シガシガ噛んで結構食べられます。犬のおやつをかじっている気分です。

ほんと骨以外綺麗に食べられます。1mmの肉片だって残しゃしません。
久しぶりに素敵な食材に出会えました。満足。o(*^0^*)o
スポンサーサイト




テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック