fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



海外チームに仕事をさせたsonyのやり方は頭いいと思う
で,思うのは萌えもダメ ラノベも嫌い アニメ,コミックもそんなに好きじゃない
いわゆるオタクコンテンツと被らないタイプのゲーム好きの
人たちも日本には一定数いるんだけど
その中でもたっ君みたいなオープンワールドやFPSの洋ゲー好き率は高いと思う,
そういう人たちを日本の会社が取り込むのは今からでは
不可能だとたっ君は思ったんですね。

でもsonyのように既存の海外チームを子会社にして
日本のタイトルとして売り出せばたっ君みたいなのも見向きするわけで
これは新しいやり方だと思うんです。
もちろん現地のチームだけで日本の技術向上には一切ならないかもしれませんが
たっ君はそんなこと知ったこっちゃないです。
また今度メガテンを萌えキャラと下品な裸の女悪魔まみれにしたらお前を殴りつけてやるからなアトラス!
(また今度グレーリング飯のようなものを作ったらお前を殴りつけてやるからな大泉洋の藤村Dぽく)



少なくとも日本の萌えのあるなしにかかわらずアニメやコミックはnot for meになってしまうので
正直日本のゲームメーカーにはあまり期待していなかったけど…
このsonyのやり方だったら十分ありだなとは思います。
たっ君がps1時代に最初に買ってもらったソフトはクーロンズゲートだけど
あれも作りこみがすごくて当時の技術で最高のリアリティを求めてたけど
これもsonyだった。
会社が大きくてリソースがあるからお金で海外のチームを買ったり
多少の挑戦もできるってことなんだろうけど。

17094297820.jpeg

スポンサーサイト




テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック