fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メガテンにヌエコ枠はいらんねん!(絶叫)
少したっ君の機嫌はまし。
新しい自分の足元用の電気ストーブを買ってから。
以前使ってたのは壊れたので1か月くらい我慢してたんだ。
1人でいるときはこれを1つ持ってるほうがエアコンより便利で温かい。

今のたっ君は口を開けばたぶんメガテン5の悪口しか出てこない。
フィンマックールを超えるとんでもメガテン不釣り合い&いらんキャラが出てきて
いいかげんにしろ!となってきた。
しかもこいつが女神族とかふざけんなだし『同じ女神族として~』とかアッピルしてきたので
さらにたっ君の火に油を注ぐことに。
たっ君にとってメガテンの女神族は特別な意味を持つので『は?』となったし
こいつが俺屍2の夜鳥子枠になって今後の新しいメガテンやペルソナもレギュラーとしてストーリーに出るなら
ガチでしばらくメガテン離脱することに決めた。
たっ君としては一切狭義のRPGをやらないということを意味するし
メンタルダウンしたときに頼れるものがなくなるということを意味するけど…
まぁそのときはそのときや。
スクエニの野村先生に寝る間も惜しんで頑張ってもらってディシディアの新作を作ってもらう!
たっ君は遊びも人付き合いも好きなコンテンツも音楽も1つに依存するんでなくて
松本俊彦先生や熊谷晋一郎先生で言うところの分散型依存だからな。

ちなみに調べたらメガテンの今のデザイナーさんは4の時のメデューサのデザインを
した人らしいけど言われてみれば頭の形が変身後のジョカと似ているから納得。
あのときのメデューサは俺は結構悪くなかったしお!新人さんかがんばってんな!応援しようと
思ってたのに。ああいうのでいいんだよ。せっかくメガテンのデザイナーになれたんだから
持ち味いかしてどんどんきもくてあっと驚くすごいデザイン作ってくれよ。

わかりやすい萌えキャラとかイケメンもいらないし
マナナンガルみたいなわかりやすいエロい見た目とか
じゃダメなんだよ。
驚かせたり想像力をかきたてたり細かいデザインで感動させたりそういうのを求めてるんだよ!
頼むよ!

とりあえず旅をつづけるけども。



ツシマ旅行はディスク入れてダウンロード完了までクッソ時間がかかってスタート部分しかできなかった。
17092568780.jpeg
たっ君がツシマ旅行やらないでメガテンやってたのもそういう理由。ダウンロード中ずーっとメガテンやってて
途中ナホビノのレベルが上がるくらい時間がかかった。
あとダウンロード中ps本体がクソうるせぇ。ゴォォォォガガガガガガ!!!とかいうねん。
久しぶりにディスク版でやったのでpsってこんなうるさかったっけか?と思う。
すくなくともps4とps3はこんなじゃなかったぞ。

こういうちょっとしたハード面が電気製品の業界ではどんどん粗悪になってきてるのは
以前からたっ君がツッコミ入れてるけど
和田秀樹先生がこないだの大雪の翌日に出勤しようとしたら首都高の除雪で
大渋滞になって診察開始の時間に遅れてしまった。昔はこの程度の雪でこんなことにはならなかったのに!とバチギレておられた。
そのへんのハード面の今の日本の弱さがくそムカつく。

ちなみにたっ君はps2のときからハードはずーっと横置き派よ。
見た目より安全面が大事やし縦置きにいろいろ設置するのめんどくさいねん。


スポンサーサイト




テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック