fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君がクトゥルー神話の中でもオーガスト・ダーレスの作品と相性がいい理由
たっ君がオーガスト・ダーレスの作品が相性がいいのは
分かりやすい冒険ものやシンプルストーリーだからだけど
調べたらダーレスはホームズさんのファンでもあったらしいから納得できる。
たっ君がクトゥルー神話の中で1番大好きなエイベル・キーンの書置はダーレスのなのだけど
インスマス村へ主人公の『僕』(エイベル・キーン)がアンドルー・フェランの調査に参加させてほしいと申し出る
冒険の始まりのわくわく感とか
2人でクリーチャーみたいな村人だらけのインスマス村への
潜入するドキドキ感とか最後の大立ち回りとかのくだりが本当に10代の僕をワクワクをさせたんだ。
ラブクラフト御大と違って『冒涜的な』とか『名状しがたい』とかも含めて
分かりにくい表現は少なくてインスマス村の様子やインスマス人の顔についてもはっきり
説明がされてるし。

ところが原理主義的な人たちから見ると
かえってそのダーレスの分かりやすい冒険ものぽいストーリーがクトゥルー神話らしくないとか
ダーレスが旧神vs旧支配者の分かりやすい構図を作ったりクリーチャーや邪神を四大属性にわけたりしたことで
これはラブクラフトのやり方に反すると批判する人がいるが
分かりやすい冒険小説がなければたっ君は読み進めることができなかったし

分かりやすい対立構造や分類わけのおかげで登場するクリーチャーや邪神のことも分かりやすくなったので
逆にダーレスがいなくてはたっ君もここまではまらなかったかもしれないし
ダーレスがアーカムハウスという出版社を作って
生前のラブクラフトの願いどおりにより多くの作家にラブクラフトの神話をシェアしたものを作ってもらうことができたし
新人のホラー作家も育てることができた。
ラブクラフトが御大と呼ばれているのはクトゥルーの創始者があくまでラブクラフトでだけども
伝播したり体系化したのはダーレスだからダーレスの存在と区別するために御大と呼んでいるのかとも思う。
17010668000.png
スポンサーサイト




テーマ:クトゥルー - ジャンル:


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック