fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君は家ではなく人に付く
犬は人に付き 猫は家に付く
ということわざがあるが
そういう意味ではたっ君は『人に付く』特性がある。

以前たっ君が人間はなぜたっ君ほど旅行しないのか?なぜ家で過ごそうとしたり
家や車にお金をかけるのか?という気づきがあって
マサムさんがたっ君が思いつかないような意見を出していた。
『家や職場周りから離れると自分のステータスの影響が及ばなくなるから不安になるのではないか』と。
それが日本人のドメスティック思考の原点なのだとしたらおもしろい。

なぜおふくろの味というトラックバックテーマにこの話をしているかと言うと
たっ君には「おふくろの味」という概念がないからだ。
家族全員が忙しくかつたっ君も家族の仕事場で過ごしていたので
食事はたいてい夜は外食で長期休暇の昼は中食(近くの飲食店のテイクアウトや
デパ地下のおべんとう) で育ったので
それがたっ君の普通の暮らしだったし
経験しえないものをうらやましがったりあこがれることはないので
おふくろの味といってもぴんとこないし
どっちかというとおふくろと2人で何かを食べた思い出ということのほうが大事で
それを作ったのが誰かというのは重要じゃない。
これがたっ君が『家(料理そのものをだれが作ったか)』ではなく『人(誰と食べて楽しいか)』が大事
だってことだ。
実際外食や中食に頼ることで料理を作る手間や時間の分を家族で会話する時間にあてられる。
とくに仕事があったりたっ君のような手がかかる子供が1人でもいる場合
家事や炊事をどこかで手を抜かなければ続かないしな。
旅行も同様で普段日常で一家団欒できない代わりに旅行で一家団欒すればそれでいい。

必ずしもてづくりのおふくろの味が1番 家にいるのが1番=ドメスティックが1番というわけではないのが
たっ君が『家ではなく人に付く』特性なのだけど案外先天性ではなくて
そういう環境によるものかもしれない。

たっ君がまーたんになついているのもあくまでまーたんになついているだけであり
周辺の人やモノやまーたんの肩書ややってる内容が変化してもあまり気にしない。
そこにまーたんがいればそこがたっ君の居場所だと認識していてまーたんが移動すればたっ君も一緒に移動する。
20231127125316305.jpg


で,たっ君的おふくろの味で1番好きなのは
やはり京都の某洋食レストランだな。おふくろといく食事ではたっ君の1ばんのおきにいりだ。
たっ君1人のときは高くて入れないがおふくろと2人なら遠慮なく入る。
おふくろはビーフカツレツ
たっ君は洋食弁当(海老フライとか一口ステーキとかいろいろ入ってるので嬉しい)
+ビーフカツレツの日もあればグリルチキンの日もありどっちにしても洋食弁当固定で2品くいだ。

たっ君はこの店のデミグラスソースも好きだが
ポタージュスープが最高にうまいから好きだ。

コロナ以降お店を移転してしまって町中から離れてしまってからは買い物に不便なので行ってないんだけど。

あとは北海道旅行の思い出かな。
くわしくはここのケース3の話だけど。
http://perfectgarden.blog19.fc2.com/blog-entry-4388.html
あのときのサーロインおいしかったなぁ。
スポンサーサイト




テーマ:FC2トラックバックテーマ - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック