fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ホーキング博士『人々は星を見なくなった』と言う心配
たっ君が宇宙学と言えば誰を思い浮かべると言ったら
イギリスのホーキング博士ですが
0728231.jpg

ホーキング博士はなくなる直前に
「人間たちの心が宇宙へ外へ向かわないのが心配だ。人々は星を見上げなくなった」
と心配する遺言を残しています。
この『宇宙へ向かう』「星を見上げる」というのは宇宙開発や科学技術だけでなく
「外の世界へ目を向ける」という暗喩でもないかと言われています。
同時にホーキング博士はトランプ政権によるアメリカのポピュリズム的な愛国主義を
心配していました。
いわゆる内籠りで自分たちの地元だけで盛り上がるマイルドヤンキー
だったり
黒人や韓国人と直接かかわったことがないのに批判したり差別する
ことを愛国だという一部のマナーのよろしくないネトウヨだったり
全部移民のメキシコ人が悪い!という煽動政治家だったりです。

たっ君の肌で感じることはたっ君がpcをさわりはじめた頃より堂々と女性に暴言を
いう人や露骨に黒人をいじめる人も増えたと思います。
外を向かない遠くのものについて思いをはせないということになるので
知らないものや自分たちのチームとは違うものを排外しようとしています。

それだけではなく内側ばかりを向くことでどんどん反知性になり他者や外の世界へ興味を持ったり
調べたり思いをはせなくなったのだというのがたっ君の意見です。

知性や文化や学問,あるいは好奇心軽視して
手軽で反知性的な娯楽に人間は飛びつきます。
お手軽なスマホいじり,ギャンブル,性風俗,ブランド物の買い物,アルコール依存などなど。
これを意図的に向かわせて国民の知性を下げるのが3S政策ですが
そんなものやらなくても今の日本や欧米を見れば十分おかしなことになっています。
自然ともののみかたが近視眼的になり自分と仲間周辺にしか興味がなくなり
解像度が低い外側に疑問が向かなくなります。
新しい技術を考えようこれまでになかったものを作ろうとか
そういうことも思わなくなります。
すなわち進化の停止を意味しています。
文化と言うのは進化と衰退(その衰退もあるものにとっては進化)をくりかえし
つねに変化しなければならず停止したものは劣化するのみです。
分かりやすい例で言うなら
NASAが月へ有人飛行しなくなったのは
今は行く必要がないから予算をより効率的かつ近視眼的目標にフォーカスしたためです。
そのせいで技術伝承が途絶えて
当時の月に対応する船外活動服
と同程度のものすら作れなくなってしまったからでしょ?

スペースシャトルが事故を起こした十数年間新しいシャトルを作るのは
効率的でないと民間のクルードラゴンができるまでソユーズに頼り切ったことも問題だったと思います。

効率ばかり考えて近くのものばかり見ていると技術も文化も
劣化します。
amazonで数百円で売っている安くて粗末な電化製品やスマホ用品と同じです。
この程度でいいやと近視眼的に妥協して粗末なものばかり作ったり
郵便局やドコモショップのサービスを不便化したりもそうです。
ATMの硬貨の有料化もです。

今すぐ役に立つかどうかはわからないけど長期展望的にみれば必要な技術や研究は
ありますし(たっ君が胡散臭く思ってるプラスチックを生成する微生物の話や核融合発電や
ips細胞の万能感も含めて必要な研究だと思っています)
つねにより遠くへより外側へと視線を向けていかなきゃいけないってことなんじゃないですか。
スポンサーサイト




テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック