fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



なんで日本の東芝が核融合発電施設を『そこ』に作ろうとしたか考えてみた
昨日あれから核融合発電施設を造るとして
昨日も言ったようにウランと違って海水の重水素を使うってことは
より高温で高気圧掛けられる巨大な原子炉を作らないといけないけど
そんな場所あんのか?と。
日本みたいな土地が足りない場合もう海しかないのよ。
ちょうど燃料用と冷却水用の海水をくみ上げかつ使用後の水も廃棄できるから
それこそポーアイみたいな土地を作って巨大なプラント施設を建てるしかないねん。

核融合発電が理論上ほんまに原子力発電より電力生産量が多いなら発電所の数も
少なくて済むやろうし。

…とそこまで考えた。

そしたら今朝このニュースを発見した。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN1809G0Y3A710C2000000/

ノーベル賞の中村修二先生が東芝と共同でアメリカにスタートアップの実験施設を
作るとのこと。2030年をめどに商用として使えることを目指している。
確かにわざわざスタートアップのために人工の土地を作らなくてもすでに空いた土地のたくさんあるアメリカなら
建てられるしリソースの調達もむしろ日本より容易になる。
16902511140.png

先述のようにたっ君は今後のエネルギー開発は
国内でガラパゴるんじゃなくて他国とお金やリソースを融通し合ってやるもんだという考えがあるから
アメリカに土地代や税金を払ってもいいから
国内じゃなくてそっちに建設するならありだなぁとは思う。
でも2030年って相当急ピッチよ。
すでに2007年からフランスで建設させてる施設で2025年から稼働したいつってるくらいだから。
今からスタートして10年以内に商用炉?
偉い人の考えてることはわからん。
スポンサーサイト




テーマ:地球科学 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック