fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



突飛すぎる理論,巨大すぎる数字=混乱=恐怖につながる
さっきの話の続きですが
たっ君が核融合発電に不信感を抱いたり
植物にプラスチックを生成する微生物を移植してプラスチックを生成する技術に
首を傾げたり
ips細胞はそこまで万能なのか?と疑いの目を向けたり
将来はユーザーの遺伝配列によって異なったデザインになる薬が市販される時代になるとか見学
したときのきもちは
たっ君が物心ついたときから極度のアストロフォビア(宇宙恐怖症)で宇宙怖いどうしよう!と
思っているときと似たような感情になったんです。
そういえばたっ君の地元のいつもティータイムとして肉団子とケーキをたべにいくときに陽子線センターの近くを通りますが
あれだって僕はなんべんきいても仕組みがイマイチ分かってなくて想像するだけで怖くて
それに自分の命を預けるなんて
なんだかSFホラーを見ているような気分になって施設自体を見るのも怖いのです。


たっ君が宇宙やディストピア系の
SFが大嫌いで火の鳥シリーズや藤子不二雄先生のSFシリーズがnot for meなのは当然として


たっ君のアストロフォピアの1番の理由は帰ってこれないかもしれない恐怖
(たっ君は強烈な帰巣本能がプログラミングされているためです)
と説明しましたが
http://perfectgarden.blog19.fc2.com/blog-entry-8040.html

もう1つはあまりにも現状に比べて数字が大きすぎたり理論が突飛すぎたりして
混乱=不気味さ,恐怖に結びついてしまうのです。
宇宙にある星の数は6×10の23乗と言われたらもうそれだけで思考停止してしまうわけです。

そういう意味では恐怖をほぐすには科学未来館で
実際に宇宙飛行士のインタビューの動画を見たりissの模型に実際に入って
触ったり確認したり
曖昧模糊の恐いものの正体の解像度が上がって少しずつましになることもあります。
多分僕の推し宇宙飛行士が野口聡一さんなのも
あの人懐っこい顔で
『宇宙にはね!風呂がないんだよ!アハハ!濡れチッシュで体をふくくらいしかできないんだよ!』
『issにいる間はいろんな企業から頼まれた実験をしないといけないから毎日忙しいよ!!』
『散髪はできるよ!掃除機みたいなので吸い取るんだけど』
と言ってたりする動画を見たら僕も『そっかぁ大変な生活だね』とうんうんと納得するわけで
ある意味issや宇宙飛行士の仕事の解像度を上げて恐怖を減らしてくれた存在でもあるわけです。


ただ,やっぱりあまりにもたっ君の想像を超えすぎていると混乱して不信感を
感じるのはどうしようもないんじゃないかと思うわけです。
先述のプラスチックを生成する微生物の移植についてもですがあまりにも理論が飛躍しすぎて
???となってしまったのと
あとは今回新しく素粒子についてのコミックが置いてあってそれを読むことで
素粒子について分かったことがある半面ちょっと怖くなったというか。
そのコミックによると物質を構成する素粒子は反物質と出会うと消滅してしまうのですが
素粒子が反物質に出あわない確率が10億分の1とあって
つまり目の前の物質を構成している素粒子1個に対してすでに消えてしまった素粒子が10億個
あるわけです!!
怖い!!怖すぎる!!
HSPのたっ君はもうそれだけでめまいがしてよろけそうになって
ふらふらになってしまったわけです。

多分このへんが宇宙にロマンを感じたりプラネタリウムをきれいだなーと
思う人間たちとたっ君の違いがあると思うのです。
以前たっ君は超ひも理論という話について宇宙ネタや四次元がどうとか9次元がどうとか恐怖を感じてしまったときに
後日つべで大栗博司先生という専門家が現時点で分かっていることを説明している動画を見て
宇宙の膨張する仕組みとかきいて
少しだけ解像度があがって少し気分がましになりました。
おきもちやロマンでにごすとますます解像度が下がって恐怖を感じるので
こういう今ある事実だけをたんたんと映像つきで説明してくれるのが助かります。


たっ君はやっぱり可能な限り現実の解像度を上げて疑問をしらみつぶしに消さないと
気持ち悪かったり恐怖を感じてしまうのです。

おきもちやロマンが嫌いだからというのもありますがやっぱり突飛すぎると
もうなんも見えなくて混乱して恐怖につながるのです。

16901701860.jpeg
スポンサーサイト




テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック