FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気ですかー!!
みんな元気かなっ。
達哉君もこの不況の中必死にがんばってますよー。

先日ミヤネ屋という番組で我らが岸部シロー先生の蔵書が勝手に
book offに二束三文にてうっぱらわれるという事件がありました。
なんか風水に詳しい女芸人が『古いものをいつまでも置いとくと運気が下がる』と
勝手にやってしまったそうなんです。

…。
僕の一番許せないパターンだな。

いくら落ち目になったとはいえ僕はタイガース時代の
岸部シローが好きだったから(おにいたまも好き)少しでも元気になって欲しいし
楽な生活をしてほしいと思っています。
それをいじめるなんて本当に許せないです。
というかテレビ局もこの女芸人も自分のやってることが最低ないじめだと気が付いているんか?
後で岸部シローにギャラが入っても僕は見ていて気分が悪いです。

古い本を置いとくと運気が下がるなんて聞いたことがないです。
僕は風水師と言えばクーロンズゲートの世界しか知らなくて現実の風水
は分からないけど,大変な価値のある蔵書を簡単に売るなんかひどいです。
自分のことのように腹立たしいです。

自分の宝物をそんなふうにされたらどうなりますか?

そんなことを考えながら僕は自分の本棚を見ていました。
僕の本棚で価値がありそうなのと言えばジル・ベルケの写真集くらいか。
僕にしては保存状態いいし。
それ以外は何もないや。

でも本でなくても僕には大切なものがある。
思い出のたくさん入ったドレスやEMIRUちゃんの帽子や僕が極限までレベルを
上げまくったゲームのメモリーカードや大切なSD達。

誰かの手に触れられるのもいやだ。
大切なものがあるからこそそれを勝手に持ち出され二束三文で売り払われる
なんか想像しただけで発狂しそうだよ。

これを見た視聴者が家族のものを勝手に売っぱらったりする事件がないことを
願いますよ。


それともう一つ引っ掛かったのは『古い本ばかり読んでる人は頭も古い』とか
言ってたらしいですね。
ものすごく単純で考えの浅い人ですよ。
大体風水自体も古代中国のものでしょ。
僕はクラシック音楽が好きでオペラやバレエが好きでベルばらが好きで
大昔のビスクドールやドールハウスが好きで
横溝正史と江戸川乱歩が好きで80年代後半の香港が好きで…とにかく
古風で豪華で美しいものが好き。
本棚も自然と昔の推理小説が少しと画集や写真集がほとんどです。
でも僕は自分の頭が古いとは思っていないです。
頭は相当悪いだろうけどそんなに古いとは思わないです。
古くても好きなものは好きで新しくても嫌いなものはいらないな。

いつもブログのたびに言ってるけどそれが古いとか新しいっていう
より流行ってるとかそうでないかより自分が好きか嫌いかの方が
大事だと思う。
たとえ古い本だって好きなものに囲まれて生活することの方が精神衛生もいいはずだと
思っています。

僕が少し前から自分の部屋のインテリアにこだわりはじめたのもそのためです。
どうせ毎日ほぼ仕事場と家の往復なんだから自分の居住空間くらいは
ゆっくり快適に過ごしたいと思ったんです。

お陰で僕の精神状態は少しましになりました。

だから流行だからこうしなきゃいけない風水上よくないからこうしなきゃいけない
古いからこれではだめだなんて思わないで自分の居心地のいい空間
ならそれが本当の意味で風水上素敵なインテリアってことになるんじゃねぇか?
スポンサーサイト




テーマ:( ´∀`) b - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック