fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



やっぱりたっ君の耽美人生のスタートはタイガースなんだよ!!
たっ君の物心つく前から最初に好きになった音楽がタイガースだというのは
このブログで何度も説明したけど
きっかけはジュリーがほとんどレギュラー状態でしょっちゅうドリフに出てケンちゃんとコント
してたり歌ってたから目につきやすかったのと当時タイガースが数年前に活動再開していたから
音源がたくさん出ていたからだ。

幼児のたっ君がジュリー!って夢中になってた時代のリアルタイムのタイガースの
動画がなかなかなくて
それよりずっと前のばっかりで
岸部シローもいないし
ジュリーもたっ君が思ってるのとなんか見た目が全然違ってて髪型や服もへんで
加橋かつみの声もなんか違う。
その時代のばっかりしかなくてさびしかったんだけど



誰がうpしてくれたかしらないけど,これ!!

この顔触れが幼児のたっ君がキャーキャー言ってた頃のリアルタイム。
やっぱりたっ君はタイガースには岸部シローがいてほしい。(涙)
あの高音コーラスがほしいんだ。

ジュリーが流し目で『君だけにー!!』って指さすだけでテレビを見ていた幼児のたっ君は『キャー!!』
やっぱりたっ君は岸部一徳さんは官房長でもいいけどベースが似合うサリーでいてほしいんだ。
おもちゃのミシン(音がしてちょっと動くだけで針は入ってない)で『よし!俺がジュリーの新しい衣装を作って
やるぞ!(当時からたっ君のしゃべる時の1人称は僕ではなく俺だったのね)』とドリフの大爆笑に
ゲストで歌っているジュリーを見ながら遊んでいたり。
で,たっ君が喜んでたらおふくろが「ジュリーは昔はこんなブクブクじゃなかった。もっと細かった」
ってマウントとってくるんだけど
たっ君が耽美派で美しいもの愛好家なのは見た目だけじゃなくてセンスや世界観や音楽性も大事も含めてだから
ジュリーが多少ブクブクだろうがどうでもいいしカリスマなのは違いないしそもそも
幼稚園男児にとって『細さ』は価値を感じない。

(細さに関して言えばkayaちゃんはschwarz stein時代はすらっとしてたけど15年後の活動再開時に
当時より12kgも太ってしまって岡本知高をちょっと細身にしたみたいなシルエットになっちゃった
けど若いころより声が大きくなりよく通る,美しく深みのある声質になっているので
僕はどんな体型でも綺麗な歌が歌える方がいい!と思っているし)

曲のチョイスも『花の首飾り』と『君だけに愛を』というのが『わかってる』。
『花の首飾り』こそたっ君に言わせれば耽美オブ耽美の最強の歌詞だと思うぞ。
そりゃ物心つく前のベビーカー乗ってるかおじいちゃんが抱っこひもで背負ってたようなときから
こんな曲ばかり聞きたがったたっ君がガチガチの耽美派になってベルばらや宝塚好きになったり
目の中に星の飛んだ女の子の絵ばかり描いたり
0126236.jpg

美川憲一のジュエリーや衣装を自分もあんなの欲しいとうらやましがったり
ロリィタになっちゃったし
maliceやLARENE,俊彦ちゃん大好き!…って必然だと思うよ。

たっ君は先天的な耽美主義だったんだと思う。
たっ君がmaliceを飛び出して逃げた先が似たようなV系じゃなくてALFEEに行った
って言ったときみんながびっくりしたけどチャー君だけは「俊彦ちゃん耽美系だもんね」
って理由を言い当ててくれた。そう,同じある程度耽美系の人なら気がつく。
この動画エンドレスで見ててたら少し元気が出てきた。ありがとう。

でもなんやかんやでたっ君が感謝しなけりゃいけないのは
たっ君の子供時代は他の子は許されてもたっ君はやっちゃいけないとか行っちゃいけないとか
スーファミなんかなくてコンシューマゲームはセガサターンが出るまで買ってもらえなかったとか
携帯デビューは20歳だしいろいろあったけど
そういうたっ君が幼児のくせにジュリーが好き!とかカリンチョさん大好き!とか
男児のくせにフリフリやレースやリボンが大好きで
持ち物がなんでもピンクで(学習机も真っ白のキキララにしてもらった)
活発に遊具で遊ぶより音楽を聴きながら絵を描いていたり
遊びもバービーとままごとばかりでも許してくれたこと。
さすがにロリィタはじめたばかりのころはもめたけどもう20年以上着てれば
なし崩しになるよね。
そういう意味では家族に感謝してる。
たっ君は美しい物を素直に美しいと喜び可愛いものを素直に取り入れて喜ぶ。それが本当の耽美主義者だと思う。
たっ君がbabyのくみゃやprettyのリリカルバニーの服が堂々と着られるのも
総レースのボンネットの顎リボンを堂々と顎の前で結ぶのも
そういう本気で美しいかわいいと思った物を他人の目を気にすることなく受け入れる
馬鹿正直さもある。
俊彦ちゃんのことを最初女の子だと思ってて男だと知ったときはめちゃショックだったけどすぐに
立ちなおった。(笑)

おばあちゃんにきくとたっ君は同じ月齢のほかの子供より歩けるようになった時期が遅かったらしく
おじいちゃんに抱っこひもで背負われた状態でジュリー!!ジュリー!!言ってたらしい。

…やはりたっ君は最初からタダ者ではないガキだった!?
というのもあるし言葉のおぼつかない乳幼児でもジュリーの世界観の美しさやカリスマ性やすごみは
感じてたんだと思う。
スポンサーサイト




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック