fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



僕は罪人じゃない
僕は罪人じゃない。
罪人扱いしないで。
0117234.jpg
僕は小学校入学したときからずっと罪人扱いされてきた。
不良でもない 不登校でもない 暴れたり大声を上げない いつも押し黙って気配を消していただけで
少し物覚えが悪くて 年相応の子供達よりできないことがあったから
生まれつき見た目も普通の子供とちょっと違うからその辺のトラブルもあって
それでなにかと他の不良や問題児とともになにかとよくつるしあげられていた。

怒られること責められることに慣れていたけれど
あきらかに不良と呼ばれる人たちと同列に叱責を受けられるのは耐えられなかった。
そんなとき僕はいつも伝記の漫画で読んだ他の罪人とともにはりつけにあうイエス・キリストの気分を思い出して
耐えた。
あのキリストの伝記漫画は当時の僕の愛読書だった。
不良児童たちにも彼らなりに問題があって助けられるべきだったとは思うけど
それでも僕は悪意もなく迷惑をかけないように最大限の努力をしてているのに
怒られてばかりで苦しくてつるしあげられてまるで大罪人みたいで
苦しかった。
休む事など許されなかった。とにかく校則を守りまじめに登校する子だったのに
どうしてこんな罪人のような扱いを受けるのだろうと。
それでも僕はベルばらのラストシーンの市民にののしられながら断頭台へ送られるマリー・アントワネットのように
毅然と耐えた。

それは大人になっても変わらずで
なにかといちゃもんをつけてたっ君が悪い!とせめてくる人間や社会のシステムに
うんざりしながらもかろうじて耐えている。
たっ君は相応の税金と社会保険料を払い
無事故無違反で
万引きも傘パクもやったことないしギャンブルもやらないしアルコールの習慣もない。煙草も吸わない。
ゴミのポイ捨てなんかもしない。
警察のお世話にもなったことないのに
気付けばいろんなところからいじめられる。
僕はほめてほしいんじゃない。
いじめないでほしい。ほっといてほしい。犯罪者じゃないんだから糾弾ばかり
しないでほしい。
スポンサーサイト




テーマ:発達障害 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック