fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



シンゾーおじさんありがとうそしてさようなら
昨日シンゾーおじさんの国葬が終わりました。
奈良でもたくさんの献花があったようですし
武道館の方では献花するだけで4時間待ちだったみたいです。

これだけ多くの人が集まったからこそシンゾーおじさんの事が嫌いな人も多いわけで
中には反対デモの代表が
『音のなるものを持ってきてください 黙祷の時間に一斉に鳴らしましょう』と呼び掛けたところも
あってさすがにこれはあきれました。

僕だって今まで生きてきてこいつ死ねばいいのにくたばれと思うやつはいますが
かりにそいつが死んだとして葬式を妨害したり嫌がらせしたりはしません。
そこまで嫌なら関わらなければいいのに。
ギャーチク騒いで自分達はこんなにもお前を嫌ってるぞ!と死体蹴りをするセンスが
分かりません。

最近はコロナ社会の対応やウクライナ侵攻についてなにかとたっ君と意見が
分かれていたEMIRUちゃんでしたが
それでもシンゾーおじさんの国葬はちゃんと行おうという点では同意見でしたし
それくらいシンゾーおじさんは現職時代に色々な活躍や活動をしていました。
十分その功績は認めるべきだと思いますし岸田君だったら自分からハメネイ師に話しかけたりできないし
プーチンが近付いただけでビビって気絶するかもしれません。
シンゾーおじさんはそれらの怖そうな人たちにもニコニコですりよっていく糞度胸が
あるだけでもこの人はただものではないと思いました。
実際日本はシンゾーおじさんのお陰でイランから天然ガスや石油を売ってもらうことができました。

いつもニコニコして焼き立てふかふかのあんパンみたいな顔と鼻と手であの見た目だけでもだいぶ他人の抵抗を
といていたと思います。
たっ君が1番お気に入りのシンゾーおじさんの写真はこれです。
16643333660.png
たっ君は4年くらい色んなニュースサイトでムハンマド皇太子を観察していますがこの人はいつも愛想笑いはしても
ここまでくしゃっと笑う事は見たことがなくてこの写真を見てびっくりしたんです。
きっとシンゾーおじさんが相手が笑うようなことか警戒を解くような言動をしたのでしょう。


シンゾーおじさんはおおやけでは攻撃的な態度や汚い言葉を使わなかったのも
hspのたっ君から見て好感が持てたのも大きいと思います。
HSPのたっ君は小泉首相とか橋下市長みたいな感じの言葉や態度の攻撃的な
政治家さんはちょっと怖いと言うか苦手でしたし。

あとたっ君個人としては給付金や各種納税猶予もなにもないよりはありがたかったしそれらの対応も割とスピーディだったのも
嬉しかったです。

シンゾーおじさん,たっ君にブラックフライデーのおもちゃとおいしいベーグルありがとう。
16063653400.jpeg




16063653630.jpeg


15936697910.jpeg



消費税を値上げしたのは残念な面もありますが。
育ちがお金持ちすぎて貧困について分からないことがあったりもしましたけど
いろいろ良かったところ悪かったところはあるのは仕方ないにしても…
間違いなく僕たちの記憶に残る大臣だったと思うし突然殺されていい人ではなかったはずです。
ただただそれだけが残念です。

シンゾーおじさんありがとう。 さようなら。
09282210.jpg
スポンサーサイト




テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック