fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



今回のイランでの女性の死亡はヒジャブだけではなくこれはクルド人問題では?とも思っている
イランで22歳の女性がヒジャブを適切に着用しなかったことで
逮捕されその3日後に亡くなったということで
イラン全土の女性達が抗議デモをしている。
16641646250.png



そういえば最近インスタのお勧めにイランからのお菓子やおもちゃの写真がでなくなったのは
デモ活動のせいで政府がインスタを遮断しているからだろう。
それ以前はヒジャブは付けていてもちょっと頭にのせてるだけとか前髪とサイドは出した女性の
イラン人の写真はたくさん見かけていただけに
一体警察はなにを考えてヒジャブ1枚で女性を拘束して死なせたのだろう。
警棒で頭を殴ったり車に頭をうちつけられていたという報告も聞く。

いつも言ってるがたっ君はヒジャブは個人の判断で付けるものであり
つけろだの外せだのを命令する事はできない。
これはフランスのヒジャブ禁止問題でも同じことを言った。
逆もしかりでイランのように強制するというのも間違っている。

これは日本のソンタクマスクと同じで付ける付けないは個人の判断によるものだし
ちょうどその問題でもたっ君は気になっているのでこのヒジャブ問題も似たようなものだと思っている。

それと同時にアメリカのテレビ番組で女性司会者がヒジャブの着用を拒否したために
ライシ大統領がドタキャンをするという相も変わらずトンチキなことをしている。
他国にまで意味不明なルールを持ち込もうとするのはさすがりやりすぎだ。
多分先代のロウハニ大統領ならばここまで騒ぎを起こさなかったと思う。


国民が政情不安や生活不安で『外国が悪い』=『外国文化が悪い』ということにして
民族主義,保守主義に走ってそういう政権や大統領が当選すると
余計に政情や生活が不安どころか現実のものとして悪化するというのはよくある。
アメリカもトランプ政権のときがそんな感じだったし
自国民族主義や保守主義が悪いのではなくバランスを考えろと言うのだ。
ガリゴリ保守のハメネイ師が最高国家権力者に対して大統領までガリゴリ保守ではバランスが悪い。
大統領はマロン派なら首相はムスリムと決め,議員の割合をあらかじめ法律で決めているレバノン
のやり方くらいでちょうど合理的な気もするし。

話はそれたが実はたっ君が1番ひっかかっているのは保守とヒジャブ問題以前に
亡くなった人がクルド系だった事だ。
この人がクルド人じゃなくて普通のイラン人だったらここまでされりていただろうか。
先述のとおり前髪を出したりゆるくのせてるだけのイラン人女性はインスタの中でも
普通にいたのをたっ君は知っているから
なんでわざわざと事件をきいたときは首をかしげたが
クルド系のと聞いて「あっ…(察し)」となったのだ。
いくらなんでも警棒で死ぬまで頭をどつくとかあきらかに異常過ぎる。
ようするに保守や女性のヒジャブの権利に目が行きがちだが実は
クルド人問題(人種差別問題)の話では?とたっ君はにらんでいるのだが。
続報があればまたこのブログでも紹介するよ。


スポンサーサイト




テーマ:私の見解 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック