fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



その生存権は所与のものか自分から申請しないといけないものか
でね,たっ君と一般的な定型の日本人の権利の違いって

人間で日本人は自分達の生存権や人権は所与のものだと知っていて
生れたときからついてくるものだと思ってるから
それを疑ったりしないというのもあると思う。
これをものすごく悪い言葉でいうと平和ボケっていうんだけど
ある意味国や社会をある程度信用していると言う下地がある。


でもたっ君は生存権や人権や自由と言うものは支援金や高等教育と同じで
自分からくださいと届け出を出したり申請しないともらえないと思っている
から
人間以上に自分の生存権について主張がうるさい。
これが世間からたっ君が意地汚く見える理由。

だから
マスクのお願いにしても緊急事態宣言のお願いにしても
それが信用できるものか意味があるのかということだけでなく
義務教育や労働にしても同じだ。

所与のものだから相手を信用しているので
人間はそこまで必要性やお願いや命令の内容について考えない。

ところがたっ君は世の中のほとんどの出来事も権利も信用しないので
自分で判断するので何か頼まれたり変わった制度があれば
やだとつっぱねることもある。

その違いだよね。

例えば健常者の男女が子供を持ちたいと思って子育てするのに比べたら
身体障害者が自分も子供を持って育てたいなら自分から積極的に動いて役所に自分にあった支援サービスを
探して申請したりしなければいけないでしょ。その手間の話。
ちょっとたとえが変だけどそういう感じ。

たっ君は自分から動いてあれ下さいこれちょうだいと
動きまわってやっとどうにか生きてこれたレベルだから欲しいものがあるなら
自分で申請しないといけないし探さないといけない
んだからね。
その手間を考えると余計なお願いや命令が途中で入りこんできたら
そりゃ『チッ』て思うし
いうこときくかどうかは俺が決めるっていうわけ。
結局自分しか信じてない。
相手が自分にとって友好的で信用できるなんて到底思ってない。

16616093790.jpeg

スポンサーサイト




テーマ:生きること - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック