fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



夏だからガガギグゲゲゲの鬼太郎
ガガギグゲゲゲの鬼太郎~
たっ君は戸田恵子さんの鬼太郎が1番大好き。
0701221.jpg

それとたっ君のお気に入りの原作の鬼太郎本は
『鬼太郎の妖怪旅行』。
鬼太郎といつもの一団が世界を旅して海外の妖怪と戦う話。
たっ君が子供の頃の愛読書さ。
全2巻でとくに2巻がおもしろい。
さすが水木しげる先生!と言う妖怪のデザインも多彩だし背景画の異国の不思議さにも目をひかれ
ていた。

夏休みはいつもこれを読んでいたな。出掛ける先にも持って行って読んでた。

というか水木しげる先生の原作本デビューがこれだったし。
それから同じシリーズの鬼太郎大百科とか世界の妖怪大百科とか夢中になって読んだ。
あとポプラ社の鬼太郎おばけのくにシリーズの
妖怪遠足,妖怪キャンデーもお気に入りの本だった。

どれもまだ全部持ってる。

それ思うと漫画や図鑑や短い物語集とはいえたっ君は子供の頃結構本が好きだったのかもしれない。
ゲームのせいで本を読まなくなったと両親は思ってるけど
違うよ。たっ君のひかれるような本が新しくでる事がないだけ。
水木しげる先生もなくなってしまったから新作が出る事もないし(今の鬼太郎は
テイストを残しつつ別の大人たちが創作したものだから何かが足りない。6期鬼太郎とか)

本屋に行っても自己啓発や何かのハウツー本や日常生活のエッセイ漫画しかないじゃない。
あんなの無料でもいらないよ。

もっとたっ君の好奇心を引く本を出さなくなったからだよ。

本屋さんと鬼太郎と言えば昔おふくろと日本橋の丸善書店で鬼太郎の東海道中膝栗毛の
原画展にいったなぁ。
ちょうど都内へ遊びに来てたときにちょうど丸善の向かい側の高島屋に来た時におふくろが見かけてたっ君が鬼太郎好きだろうと
思って連れて来てくれたんだ。
水木先生の生原画に感動したなぁ。

たっ君はいつも言ってるけど絵の展覧会のときは迷惑がかからないようにマナーに気を付けながら
可能な限り展示物に顔を近づけて絵を穴があくほど観察するんだ。
少しでも憧れの巨匠たちの技術を自分の目で盗むためだ。
こればっかりは写真とかであとで見ても意味がない。自分の目でしっかり見る。
そのときに細かい背景の書き込みはすごいなぁ!と感動した反面
他の妖怪はいろいろでてきたけどメインがあくまで風景画でたっ君が期待していた鬼太郎といつものメンバーはそんなに
でてこなかったから鬼太郎とねずみ男も2点くらいしかなくてちょっとさびしい気分になった。
いつものダイナミックな鬼太郎たちの絵を期待していたんだと思う。
そしたらおふくろが
「もっと鬼太郎やねずみ男が出てきたらいいのにね」
気がついてくれた。

今思うとあのとき水木先生はジオラマ的な風景を描きたかったから
鬼太郎やねずみ男はあくまでジオラマの中の小さな人形のような扱いにして,
メインにはしたくなかったんだろうなというのは今になって気付いた。
スポンサーサイト




テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック