fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



『徳』も『利他主義』も『健康にいい食べ物』もたっ君にしたら同列にやなものだ
たっ君は今だけ金だけ自分だけなのを認めているし
ある意味そういう開き直りができるから
他者を尊敬できるしいじめもしないし邪魔もしないし
他人の意志にどかどかと土足で入り込まない。

子供の頃あまりにも見た目の事でいじめられるので
『それが何か?』
と開き直るようになったからそのへんからきているのもあるし。

いちいち言われるままに反省したり我慢をしていたら奴隷になってしまうわ。
たっ君はフリーダムに自分の為に生きているだけ。
アイン・ランド御大のオブジェクティビズムが1番僕の考えに近いけど
でもベンサムの功利主義とマキャベリの君主論と
エピクロスの精神的快楽主義も入ってる。

(自分の哲学を持て!
というのもアイン・ランド御大は言ってるのだ。
宗教は害悪だから己の哲学を持て=私の主張をうのみにしなくていい=自分で考えろ
っつってる。)

で,このエピクロスの幸福論はストア派の徳を目的とするのと正反対なんだけど

この『徳』というのと『利他主義』というのはたっ君の中では共通しているのはいいものではなくて
同時に
前述の健康のためにまずい物を食わせようとする栄養士や好きな物を我慢して金を使うなと言うファイナンシャルプランナー
みたいなものと同列の物として見ている。

苦痛や我慢や奴隷であることその他何でもいいとにかくたっ君が『やだ!』というものを
いいものだとしつこく喧伝して押し付けるものだ。


他人の評価や他人の為を思って行動すると間違いがあるかもしれない。
子供=プリンやアイスクリームが好きという図式のもと
たっ君はそれを出されると親に渡していたし
ただたっ君はプレゼントを受け取るのは好きだからプレゼントはなにがほしいか聞いてほしいし
変なものまずい物をよこすならカネがもったいない。出した方も受け取った方も楽しくない。

あるいはつねに誰かに尽くすタイプの利他主義は本人はいったんはそれで幸せなのかもしれないけど
たとえば夫と子供にはちゃんとした物を食べさせても
自分は我慢して食べないかひどい食生活をしているお母さんとかいたら僕は悲しいし
夫と子供が大好きなお母さんがそんな事してると気づいたらやっぱり悲しいと思う。


それが家計や節約のために当たり前だとは思いたくない。
同時に自己犠牲は糞なのでじぶんもやらないし他者にやらせるのもクソやぞというアイン・ランド御大の主張にも
繋がるわけね。


他人の為とか
他人基準に自分を合わせていると失敗したり自分の心が疲弊する。

寄付とかも自分と自分のこどもがお金に困っているのに
なんで他人に分け与えなきゃいかんのか。
だから僕は若草物語が大嫌いだ。

それでもたっ君は分けてあげる用のおやつと分けられないおやつは分別して用意していて
分けてあげてもいい用のロッテカスタードケーキとかチョコビとかサンガリアのドリンク
はちょうだいと言うなら少しくらいなら
分けてあげるし一緒に食べようということもある。
お絵描きの道具も一緒に使おうって貸してあげる事もある。
でも唯一無二のレインボーベーグルやバタークリームのカップケーキや
わざわざ貴重なアメリカから取り寄せたマフィンやひとくちケーキを他人に分けたり
レアバービーやSDを他人に触らせたりしないし絶対に厳重に保管してるし。

食事の席でサーロインステーキや松葉蟹の足やしゃぶしゃぶの肉を他者に譲る事もない。

とにかくたっ君自身が苦痛だったり目的のない我慢は全て避けたいのよ。
それだけのこと。

0629223.jpg

スポンサーサイト




テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック