fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近になって間違った自称カサンドラに対しておかしいと声を上げられるようになって嬉しいと思う
最近やっとアスペルガーと定型発達のカップルで
定型発達側がカサンドラ症候群になって120%被害者だと主張しまくるのはおかしいという
考えもsnsでひろまってきた。

たっ君も自称カサンドラの一部の中にやりとりを聞いていたらその人がアスペルガーの人の
嫌がる事を何度も問い詰めたりしていたり
やらかしがあったときに『この人はこんなにひどいんです』とクソデカボイスで大騒ぎしているのを
みるといやな気持だったから。



たとえば海鮮料理の居酒屋で自分が『好きな物を頼んでいいよ』と言っておきながら
相手のアスペルガーが好物のデザートばかり注文したら『こんな事があった!』と
クソデカボイスで大騒ぎしてyahooニュースにもなっていたときはたっ君は本当に気分が悪かった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/09cabd9c3fefb0514d069f4df22de752732ffc40

書いている本人は悪気も自覚もないかもしれないが
たっ君としてはいやなきもちになった。


隊長は食事の席でたっ君に注文をさせるが
食べ放題の焼肉だと本当にカルビとハラミしか注文せず野菜も海鮮もホルモンもない状態で
網の上は肉まみれになり隊長も一緒にいたスイス人も大爆笑したりおもしろがったりは
したもののいじめたり怒ったりはしなかった。
サイゼやファミレスでも同様。たっ君に任せるとステーキとチキンまみれになる。


それが嫌なら自分が注文するべきだし
相手に正解探しの意地悪クイズを出しておいてそれができなかった場合嬉々として
クソデカボイスで大騒ぎするのだ。
そのへんのもやもやについてたっ君は本当に腹を立てていたので
最近になってそういう卑怯な事をする人はその人自体のメンタルも健全とはいえないのでは?
という意見も出てきてたっ君は味方が増えた気がして嬉しい。


いい加減正解探しのクイズはやめてほしいし
その場のごく短期間の空気やその人の気持一つで一定しない見えない物について
正解を出す事はものすごく難しいし
運よく正解していても出題者がひねくれものだった場合『違います!』とうそを
つく場合もある。

それに相手に正解探しをさせて自分は行動しなかったり(食べたいものを言う,ああしてほしいと意思表示をすると言う自分から行動しない)
そういうのはひきょうではないかと思う。

自分が間違ったり失敗することなく自分が正しくて絶対に加害者になりえないと思っているのだ。


たっ君はみんな生きてる以上誰かに世話になって迷惑かかってるので
それを認め合うという考えなので
自分『だけ』が120%清廉潔白の被害者であるというのはむしがよすぎるしありえないわけだ。

で,
なんでこうなってしまうかというともともとの『120%清廉潔白であらねばならない』『少しの汚れや間違いも許されない』
という潔癖症な日本の教育法が
悪い意味でそういうひきょうで被害者ぶる間違った自称カサンドラを生んでいると思う。

実際に潔白かどうかではなく
うそをついたり誰かを傷つけても自分の潔癖さをアッピルしなければいけないという教育や思想のせいで
こうなったとたっ君は思っているんだよ。

16558856390.jpeg




スポンサーサイト




テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック