FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



大丈夫,一緒に頑張ろう
いじめの自殺が増えているね。
とても悲しいことだ。


いつも言っているが僕は中学3年までいじめられっ子だった。
体が大きいから,運動も勉強も苦手だから,給食も食べられないから,
いじめられた。
僕は欠点だらけだ。それは認めよう。
だけどその当時の僕はどんなにがんばっても改善できないことだらけだった。
毎日学校へ行くとからかわれたりいじめられた。
先生にも怒られてばかりだった。
体が大きいのだからぼくが本気さえ出せば誰も太刀打ちできないくらい僕は子供の頃から
怪力だった。でも僕は頭や心が弱い弱い子供だったから何もできなかった。

でも僕は毎日頑張って学校へ行った。
学校へ行かないという選択肢は頭の悪い僕には考えられなかった。
毎日分からない授業を聞いて全く理解できず,
給食の卵をはきだし発作を起こし,
周りからいじめられた。

僕が中学までそんな生活を耐えきったのは,自分だけのワンダーランドを
持っていたからだ。

つまり僕がいじめに耐えられたのは,あえて自分をいじめようとする人達と
自分を殺してまで仲良くしようとしなかったという事だ。

心を開けば友達はできる,そうかも知れない,だけど
そこまでして自分が苦労してまで友達は必要?
これが当時子供だった僕の考えた結論だ。
学校はただの義務で行ってるだけで放課後になれば彼らと顔を合わす義務がない。
ならば自分の思い通りに生きるだけだ。

放課後は自宅で大好きな雪組公演のビデオを見て過ごす。
好きなおもちゃで遊ぶ。
これでリフレッシュして次の日また僕は学校へ出て来る。

僕は必ずしもいじめられるくらいなら友達をつくるな,と言ってる
んじゃない。
ただそのことで自分の命をたってしまうくらいなら自分の命を守る為に
周りと自分を遮断してしまうのも一つの選択肢だ。

今いじめられて辛い思いをしている君,君に好きな事はない?
音楽でもマンガでもいい。

いじめられて悔しいときはそういう好きな事を想像するんだ。
そのことに集中しろ。アンテナをそれに向けて考えるんだ。
妄想でもきもい想像でもいい。自分の思考をそこへ向けろ。
なんとかやり過ごせるはずだ。

そしてもう一つ大事な事は,
決して自分が悪くないと分かっていたら絶対に退いてはいけない。
いじめられているのは自分のせいだと思ってはだめだ。
君は絶対に悪くない。
それにここまでいじめに耐えてきた君はすごい。すごい奴だ。
だからきっと自殺しなくても君は乗り越えられる。

そんなすごい君をいじめる奴なんかゴミだ。君よりずっと程度の低い生物だ。
アメーバのゴミだ。たとえ勉強ができても運動が上手くてもそんなものは
ただのクズだ。
そんなゴミなんか相手にするとは時間の無駄でばかばかしいと思わない?
その汚い手をどけろ,げす!!決して口に出してはいけないけど
心の中でそう思ったらいい。
大丈夫,君は強い。うまく乗り切れるさ。
スポンサーサイト




テーマ:"いじめ"問題 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック