fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君の世界線のゴールデンカムイの二階堂君はスパイダーマンが大好き!!という設定
たっ君の世界線の二階堂君はスパイダーマン好きという設定があります。
きっかけは最初の入院中に病院の図書室にスパイダーマンの単行本があって
それを読んではまり,
ネトフリやamazonのビデオサービスでスパイダーマンの映画なんかも見まくって
気に入ったようです。
あと有坂閣下がクリスマスや誕生日に二階堂君によくレゴをプレゼントするので(細かいブロックを
組み立てることで義手を使う練習のため)
宇佐美上等兵が器用だし面倒見もいいし
自分も子供の頃弟とレゴで遊んだ経験があるので
ただの『スパイダーマンの隠れ家セット』をとんでもない巨大な要塞
みたいに作り上げたりしてくれるし
そういうので遊ぶのも楽しいわけです。
鶴見中尉もほっとくと二階堂君はswitchやスマホのゲームばかりしているので気になっていたので
レゴだと指や頭脳を使うのでレゴ遊びにはものすごく好意的にとらえてるんですよね。


で,
一番の理由は蜘蛛に噛まれたことでスペシャルパワーを手に入れたスパイダーマンと
杉元に手足を吹っ飛ばされたことで兵器を手に入れた自分を
重ねているのです。


自分の慢心から父親代わりだったベンおじさんを死なせて後悔するスパイダーマンと
弟の洋平を1人で杉元と戦わせてしまって死なせて後悔する自分を
重ねているというのもありますが
一番の理由はやっぱり負傷→スペシャルパワーで変化したスパイダーマンと自分,でしょう。

だから次第に二階堂の方から壁を自在に登れる義足が欲しいとか蜘蛛の糸が出る義手が欲しいとか
有坂閣下に言うようになるわけです。
で,横にいる月島軍曹は冷静にアニメじゃあるまいしそんなもんできるわけないだろと内心ツッコミしてるけど
有坂閣下は技術者科学者としての興味から耳を傾けて
高所を登ったりビルの間を飛び越えたり高いところからダイブできるような義足を作ってしまうのです。
蜘蛛の糸が出る義手は難しくても伸縮性のある特殊な繊維で作ったワイヤーにグラップルフックをつけたら
壁を登ったり武器として使えるんじゃないかと考えたりいろいろ作り始めるんです。

で,蜘蛛の糸は出せなくても
パルクールのスキルがつくようになった,というたっ君のオリジナル設定があるのです。

このてのパルクールゲームはたくさんあるけどたっ君の考える二階堂君の動きはミラーズエッジに近いと思います。
スパイダーマンにはなれないけど有坂閣下の作るデバイスのお陰で
ミラーズエッジのフェイスのようにはなれたわけです。


チームの中には身軽な動作で曲芸をやる鯉登少尉がいますが
パルクールは見た目が華やかな曲芸というよりタイムを競うスポーツに近いです。
(ちなみに鯉登少尉と初代アサシンクリードの主人公アルタイルは同じ声優さんです)

あと鯉登少尉は剣も強いですが
二階堂君の仕事はそういうのじゃなくてこっそり潜入して情報を集めたり何かを運んだり奪取したりそんなかんじです。
だから装備も必要最低限で拳銃くらい。軍刀とか銃剣とかライフルとかショットガンとかは使わない。
それと感覚としては義足義手を使った『運動』というより攻殻の草薙少佐が義体を
操るイメージです。
だから有坂閣下の作る義手義足は兵器とかもともとあった人体の運動機能のためのハード的なツールというより
『ソフトウェア的ウェアブルデバイス』に近いのです。

もう1つ大事な事は二階堂君にとって杉元とか土方一派とかはスパイダーマンのヴィランと
同じ感覚で見ています。
ヴェノムとかグリーンゴプリンとかエレクトロ的な。
このてのアメコミのヴィランも倒されても同じキャラが何度も出てきたり
物語で因縁があったりします。

もともとゴールデンカムイは誰が正義か分からないような作品なのでキャラの視点によっては
誰が正義で誰がヴィランかというのが正反対に変わるんで
二階堂君が自分もスパイダーマンみたいになりたい!と思ったり
杉元をスーパーヴィランだと思って悪い奴は俺がやっつけなきゃ!という気持ちで
いてもおかしくないんです。


本人は大まじめに『大いなる力には、大いなる責任が伴う』(With great power comes great responsibility)
を忠実に守っているだけかもしれない。

それ考えたら二階堂君がアシリパさんをけがさせずにつかまえたのも納得がいくんですよね。
彼は杉元以外にはあまり敵意や悪気がないし。金塊にも興味がないし鶴見中尉に対して
変態的な感情もない。
ただ『悪い奴をやっつけなきゃ!』と大真面目に思ってる。

やっぱり二階堂君はたっ君のお気に入りのキャラクターです。
0426222.jpg
スポンサーサイト




テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック