fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



高級食パンはそりゃ続かないよ
乱立した高級食パン屋さんがどんどんなくなっているらしい。
そもそも食パンなんか買わないたっ君は何故あんなに乱立したのだろうかと
不思議に思うし

大体世の中にはたっ君みたいなパン嫌いな人もいて
たっ君なんかはドーナツやペストリーを軽くおやつに食べる事はあっても
食パンや味付けパンはお金出して買わないでしょ。

むしろそれまでもパン屋さんは乱立しすぎと思ってた。

こんなことならブームになってる間に食いしん坊のまーたんが自分のチャンネルで
実際に色んなところの高級食パンを食べてみるレポとかやってみればよかった。
まーたん「これ高級というよりはちみつとかクリームベタベタ入れてるだけやで。
こんなんうちでも作れるんよ」
とか身も蓋もない事言ってくれそうだし。

食べ物に限らずこういう誰かが作ったビジネスモデルを真似して乗っかるというのは
意識高いセミナーやサロンと同じで
他人が構築したマニュアルに乗っかってるだけだから
もともとそういうのに向いてない人でもシステマチックに始められるからな。

ただシステマチックにやってるだけだから予想外の事が起きたりしくじったときの
失敗の対処が分からない。
そのへんたっ君は全部自分で頭使って(何も考えてないけど)やってるから
しくじったりやらかしても自分でなんとかしてきたしできちゃうし。

僕が不思議に思うのは起業したいサラリーマンは嫌だっていうけど
そのわりにセミナーだのお教室で人に教えてもらって
その通りにやってって考えてるよね。
学校や塾と同じやん。
学校卒業したんならもうナントカ塾とかなんとか教室とかいらんよね?
以前もたっ君は日本人は学校でもない物に
ナントカ大学とかナントカ塾とかタイトルつけたりそれらにかかわったりするのが
好きだと言ってたけど
http://perfectgarden.blog19.fc2.com/blog-entry-8307.html
そうやって学校に通って人からものを教えてもらってその通りに実行してその通りに結果が得られたい
と思ってるんだろうね。
他人任せ。
あんきしたり真面目に勉強したりは才能あるんだろうけど
やらかしたり失敗しながらオリジナリティをっていう根性がたらん気がする。


もう1つはアニメやゲームのコンテンツにしても
1つのジャンルが流行ると猫も杓子も全員がそれになる。
一昔前ならハルヒとからきすたとか学校ものばかりでうんざりしてたけど
タイトルが長かったり
今はチープな昭和平成初期のRPGの世界観にてんせいしたもの
ばかり。ドラゴンが出てきたり中世ヨーロッパやおとぎ話の本みたいな世界観。
全員が申し合わせたようにそれをやりはじめる。
なんか楽しくない。
夏祭りに遊びに行って夜店がいっぱい並んでるけど種類自体がそんなに多くないと
がっかりする。
なんかそういうの楽しくない。
16435454640.jpeg




スポンサーサイト




テーマ:食に関するニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント
私はSwitchプレイヤーですが最近のゲームはクラフトや道具破壊を取り入れるところが多いですね。大抵練り込み不足で不満点扱いされてますけど。
あと転生物はタイトルの時点で見る気を失くすとしか思えないですよね😅今『(初代)ウルトラマン』が生まれたとしたらタイトルは『赤い球体に衝突されて超人に転生したので世界を守ります』ですか。
【2022/02/02 20:47】 URL | R・チョロ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック