fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



僕が現時点でウクライナ問題をそんなに不安視しない理由
ロシアがウクライナ侵攻するんじゃないかと騒いでいるけど
僕はみんながビビるほど大したことはロシアはしないんじゃないかと思うよ。
結論から言うとオイルショックやコロナと同じで
ウクライナ政府と国際メディアが過剰に騒いで国内外の市民に
不安を募らせているだけ。
目的は分からん。なんかの利権か選挙で優位に立つため?


そもそもロシアはしょっちゅうあちこちの国境周辺をふらふらするだろ。
日本だって年間何回ツポレフ爆撃機が周回してると思ってんだ。
もしガチでロシアがウクライナを接収する気があるんならとっくの昔にチェチェンのようになっ
てるし
ウクライナを接収したら相対的貧困国のウクライナをロシアが食べさせなきゃならない。
そもそもソ連が崩壊したのだってそういう子飼いの国を世話しているうちによりによってウクライナに建てた原発事故が
起こってソ連そのものが全部吹っ飛んじゃったわけだから,当時を知ってるプーチンはいまさら似たような
事はしたくないと思うよ。

黒海へ出るルートならすでに飛び地のクリミアがあるわけだし。
なんなら子飼いのアルメニアもいる。

もしこれがきっかけでキューバ危機のような事が起こるとしても
あくまでキューバ危機的なものどまりだ。
実際僕と似たような見解をしている専門家もいる。
『ロシアのウクライナ侵攻はあり得ない、これだけの理由
ウクライナの悲劇と茶番劇』↓
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68584
この専門家がいうにはもしロシアが本気でウクライナをつぶしにかかるとしたら
ウクライナのNATO加入だなと。
これをきいてたっ君もああそうかと気付いたんだ。

ドイツがウクライナにヘルメットしか送れない事に呆れた日本人は何を期待していたのだろう,武器弾薬を
期待していたのか?
そんなものを輸出したらますますプーチンを刺激することになるだろ。何言ってんだ。
もともとウクライナ軍の装備だって旧ソ連やロシアの技術を使ってるわけだから。

だから表向きはギャーチク喧嘩をしていてもロシアとウクライナは親と子みたいなもんだし
ロシアの支援なしにウクライナは生きられない。それが下地にあると言うのに
ウクライナ政府が派手に騒いで自国民と海外をびっくりさせて
ややこしくしようとしてるわけ。迷惑なのは正しい情報が入らずひたすら怖い思いをさせられている
ウクライナ国民だよ。


まぁ僕がこんだけおちつけ!静まれ!と言っても
誰も聞いてくれないんだろうな。
ナゴルノカラバフからアゼルバイジャンはいったん撤退する!ロシアの介入によってだ!と
たっ君が宣言したときも誰も聞いてなかったけど
実際そうなったし。
今回も誰もたっ君の意見や予想なんて聞いてくれないんどろうな(泣)

みんなオイルショックもコロナ騒動もナゴルノカラバフ紛争もウクライナ問題も
大げさに悲劇的に騒ぐことでお祭り騒ぎを消費しているんだ。
このへんの心理についてはたっ君よりマサムさんの方が専門だから任せるけど
とにかくたっ君はそういう不安や事故をお祭り騒ぎコンテンツ消費する事よりも
事実を事実のままに確認したいからな。
もちろん国際情勢が変化したらその時は言い訳しないで認めるし軌道修正すればいいだけ。

とりあえず,落ち着け人間ども。
キューバ危機を思い出せよ。あのとき実際に核ミサイルは発射されたか?
0127221.jpg
スポンサーサイト




テーマ:ロシア・ウクライナ・CIS関連情報 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック