fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カプタゴン問題もうちょっと語る
あれからたっ君はコーランでは麻薬も禁止しているだろうになぜサウジアラビアで
禁酒や異性交遊を禁止して遵守しているのに麻薬の需要があるのか?
と思った時にハシシ(大麻)のことを思い出した。
たっ君の好きなアサシンクリードはシリアを起源とする物語だ。
アサシン教団(ニザール派)の語源はハシシを吸う者からきており,
つまり麻薬,アルコールは禁止だが大麻はOKという宗派もあるのだ。
それが拡大解釈されて地域や宗派によっては大麻は麻薬じゃなくてただの煙草と同じ嗜好品
である,という解釈になっていって比較的麻薬への入り口が日本よりも日常的なものであり
違法ヤクブーツに手を出してしまうのである。
今回摘発されたカプタゴンも錠剤なので覚せい剤と違って注射をするわけでもなく
手軽に飲むだけなので広まったに違いない。

レバノンでカプタゴンを生産しているのは主に武装勢力のヒズボラの支配下であり
当初はこれを兵士を好戦的にさせるために配っていたものだが
湾岸諸国に売ることで武器を買うための資金源になっている。

サウジアラビアはレバノンやシリアを批判するが
自国内の人間が需要があり,発注する業者がいる限りどうしようもなくないか?

サウジアラビアにできる事はこれまでどおりちまちま港湾や空港で荷物のチェックを繰り返す
しかない。

気の毒なのはレバノン政府で
国内の武装は組織のヒズボラを抑え込むのに必死なのにそのヒズボラの資金源として
勝手に湾岸諸国にどんどん輸出してそれでサウジアラビアが怒って
レバノンからの果物の輸入を禁止する。
どないせーっちゅうねん。
16431691640.png


スポンサーサイト




テーマ:中東問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック