fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



体罰やパワハラは厳罰化してほしい。
自由が丘にあるラーメン屋さんが
スタッフの女性にひどい暴行をして逮捕されていた事が分かった。
と言っても習慣はされず罰金刑になっていたそうだがその時のことが明るみになって
前半
https://news.yahoo.co.jp/articles/1131ea9fe70107fcb1573d604c6e76790ea54048

後半
https://news.yahoo.co.jp/articles/29bbac845a89d5b4f3c4e0d9ceaab66b67b454f4
まぁこんだけひどい暴行事件もあったものだ。
さすがにこれは盛りすぎじゃない?と思ってる人もいるかもだが
たっ君も中学の時教師に受けた折檻のパターンとよく似ているので
このときの女性の気持がよく分かる。
物理的には逃げられるはずなんだろうけど
状況的には逃げられない。

>>営業開始10分後に『お前、裏来い』と厨房の奥に呼ばれました。そこはバックヤードで、お客様から見えない位置でした。

>>私を裏に呼ぶ時は毎回シャドーボクシングをしていて、それも怖かったです……


>>A子さんが殴られている間も、「中華そば 堀川」には行列ができ外には待っているお客さんが数多いた。それでもB氏は、ラーメンを作る手を止めて接客中のA子さんを「ええから来い」と裏に引っ張っていき、まるで殴ることを優先しているようだったという。


分かるわ。たっ君と同じパターンや。
教材室みたいなところに引きずり込まれてボロクソやられるんや。
不良ではないしさぼってもいないたっ君を目の敵のようにいためつける。

ただたっ君は最後にブチキレて体をよじって抵抗してからは
そういうのはなくなったけど。
それまでは似たようなもんや。

親が一切助けてくれなかったショックと,今日はなにされるんだろうと毎日登校するつらさは
ほんまにつらかったのもあるし
そういうわけわからん人間はほんまにおる。
それをたかだか13歳の時点で気付けて良かったと思う。

特にその中学の教師は顔つきや雰囲気が宅間守に似てたから…宅間守を見た時に
やっぱりそういう独特の顔つきってのがあるんやと思うわ。

あきらかに教材室から出てきて様子がおかしいたっ君を見て
『どないしたんや』
と助けてくれそうな先生もいたけど…引きずり込まれたらそこはもう治外法権やしな。

清原が経験した『娯楽室』と呼びだされて先輩からしごかれるのと同じやけど,
1人に対して徹底的に執拗に暴力や暴言はやっぱりされた方は怖いし
ほんまにやめてくれやと思う。

その人がラーメン職人として立派でも
こんなことしていいわけじゃないし味なんて数値化できないし
多分たっ君はそういう店行きたくない。

でもここまで傷だらけにして恐喝までしているのに
初犯だから刑務所に行かなくていいし罰金で済むって
刑法おかしくね?

喧嘩だったらおたがいさまだけど
体罰にしてもパワハラにしても強い方が弱い方をここまで叩いたら厳罰化されるべきだ。
された方は本当につらいから。

たっ君フードコートのラーメンでいいや。
その方がおいしいしゆっくり食べられる。
お店がオープンキッチンで丸見えで隠れる場所がないし
もしスタッフが若いスタッフを異常にいじめたり暴行していたら収容ビルの保安部に連絡できるもん。
16429289930.png


スポンサーサイト




テーマ:ムカッ!ときたニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック