fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



じこはおこるさ
なんちうタイトルやたっ君。
でもラプター月間の間に伝えておかねばならん。

結局たっ君もふくめてF22が日本で運用できないのは日本人のゼロリスク信仰
があるから。
コロナだけじゃなくてもともと安心安全というか
『怖い』から気を付けるのはいいことだけどどんなに集中してもどんなに本人が頑張っても
一定の確率で問題や事故は起きる。
感染対策どんなに頑張ってもコロナの感染者は出る。

だからあのときああしておけばと後悔したりもあれだけど
これだけしてれば大丈夫だ!と過剰対策してそれでも事故起こった時に
「そんなはずはない!」と対処もできず混乱して失敗したり問題が後手になることの方が
危ないだろ。

それにかんしては以前もブログに書いたけど
まーたんや隊長がそのへんたっ君の扱いが異常に上手いのは日本と英米の考え方の違いだろうなぁ。
http://perfectgarden.blog19.fc2.com/blog-entry-11205.html



たっ君はそれまでの人間達から失敗は許されない間違いは許されないと怒られながら
育ってきた。
それでがんばるんだけどやっぱり無理がたたって具合が悪くなったり混乱したりはよくあったから。

これにかんしてはこないだひろりんちゃんとも話したねんけどひろりんちゃんも先日仕事で
パニック障害の人がパニック起こしてまわりの人がおろおろしてる中頑張って倒れないように
倒れても頭だけはうたないようにしてあげていたらしい。
日本人でもひろりんちゃんみたいな人はいるってこと。
だからひろりんちゃんもまた隊長やまーたんと同じでそういう対処に咄嗟に動ける人。
そういう人でないとたっ君を扱うのは難しいね。


もう1つは

たとえばたっ君はストレスが悪化したり乾燥したら咳が止まらないんだけど
無理やりうるさい!我慢しろ!とおこったところでしょうがないから
咳はしょうがないものとして事前に薬を出すかひどくなったらそこからいったん退出する
ということもやむなしなんだよね。

事故や問題が起きてはいけないと思ってるから
起きたことに過剰に反応するし
その事について異常に怒ったり根性でどうにかしようとする。
機械に根性はきかんよ。
お前のスマホは充電が0になっても根性で動くのか?
んなもんたっ君も操作ミスされたらおかしくなるわ。
昔に比べて機体がより精密で細かい機能が増えてるから。
昭和の家電とかファントム無頼とかゆってた昭和のF4と違うねんから
大事故は少なくても
細かい不具合やインシデントは
多い。




こないだのまーたんのイベントに森丘君がきてたけど。
もしまーたんが『事故は起こるで!相手は機械やねんから!』とドヤったらびっくりするやろ。真面目そうな人やから。
1229211.jpg




これの歌詞でも

『事故がもし起きたら落ち込まないでうまくやれるようにがんばろうよ』『運がないときはしょうがない。何とかしよう』
大事な事のはずなのにできないんだな,日本人てこういうときは
むしろ落ち込めよ反省しろよと感情の方に先走ってしまう。
そうしているうちに状況悪化する。
だから大多数の日本人とたっ君は相性が悪い。
よってやはりたっ君も含めてF22は日本人にはのせられない。

スポンサーサイト




テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック