fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君 少しずつゴールデンカムイの本編を見るようになりました
実は少しずつゴールデンカムイの本編のアニメと原作を見ています。
男の裸とかいやーなシーンはささっと見てとばすかんじで
(ラッコ鍋がどうとか海に飛び込むシーンとかやだな。あとやっぱり辺見和雄がきもちわるい)
お話を楽しんでいます。

でもやっぱりHSPには悲しいと言うかダメージが大きいと言うか
宇佐美上等兵が亡くなるシーンはつらかったです。
時重君!って方言で呼び掛けるシーンが本当に悲しくて辛くて
HSPのたっ君には相当こたえました。しんどかったです。
おかげで月曜日の午後から夜までずっとふさぎこんでいました。
(こういうことが頻繁におこるので普段たっ君は続きもののアニメや漫画はさけているのです)


0920213.jpg
宇佐美上等兵はいつまでも鶴見中尉ひんなひんなしててほしかったです。
僕は恋愛描写は苦手なのですけどあれくらいだったらでも宇佐美上等兵の思いは
どちらかというと恋愛ものぽいですよね?

それに
キロランケが亡くなるのはあらかじめ他の人から聞いていたのでダメージはなかったのですが
宇佐美上等兵は聞いてなかった。
それまでは尾形は結構主人公チームの中で好きキャラだったのに
なんでこんなことに…と思ってしまってちょっと尾形と距離置きたいなと。

そういえば主人公の杉元の頭をうったのも尾形さんでしたっけ。
mogumogusugimoto.jpg

でも今までゴールデンカムイは
トランスフォーマーのスタースクリームやfar crtのパガン・ミンのような性格や特性の近いキャラ,
いわゆるそういうたっ君の共感できるキャラ,そういう人が全くいなかったのですが
おかげで読み進めていくうちにヴァシリというロシアから来たスナイパーキャラが
総勢出てきたなかでたっ君に近い感じがします。
このキャラに出会えただけでも本編を見てよかったです。
一度は尾形に負けてあごをふっとばされるけど
でも負けずにまた尾形を追ってきたのですが
なんで比較的たっ君に近いかというと日本語が話せないことと尾形にあごを吹っ飛ばされて
声が出にくくなってて『フンフン』『ウンウン』としか話せないので
紙とペンを持っていてそれで絵を描いて説明してコミュニケーションをとるのです。
で,話せないだけで耳は聞こえるのでロシア語の分かる月島軍曹とは会話できます。
このへんのやりとりがたっ君と全く同じです。
たっ君も出掛けるときはなんかあったときのために無地のお絵描き帳と色鉛筆を持っていて
絵を描いて質問したり会話します。
海外ではこのスキルが役に立つしおかげで国内でも日本語のわからない人とコミュニケーションを
とることができるのです。
で,このヴァシリも絵はコミュニケーションだけでなくもともと描くことも好きみたいでスケッチも
できるのですが
平太師匠をスケッチすることで平太師匠に刺青があることを杉元や白石たちが気付くんですよ。
もちろんヴァシリはなんのことか分からないので『フンフン』と見たとおりスケッチしていただけなんですけどね。


pixivのたっ君のゴールデンカムイのイラスト,たくさんいいねがついてとても嬉しいです。
本編もだいぶ分かるようになったのでレパートリーが増えると思います。
お楽しみに待ってて下さいね!
スポンサーサイト




テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック