fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君たいめいけんのメニュー表とテスラとフェラーリのショールームを見て色々勉強してしまう
日本人はチップの文化がない。
だからたっ君にさんざん長時間サービスや話を聞いておいて買わないからと
キャンセルしたりお金を一切払わないで帰るし
それが日本の文化だと言われても
さすがに直後にたっ君がその人について怒ったりボロクソに言うのはしょうがないですよ。

何か手数料のかかる事をさせたり何かを頼んだりしたら
1円も払わずに出て行くようなのってやっぱりいやだなぁと。

といってもたっ君の業種は飲食店やマッサージ屋でないかわりに
今日は買わないしとりあえずまた来ようとその日注文をしないお客さん向けに
おみやげプラザと称して1000円以下で買える雑貨も並べています。

ところがそういうのも買わないし
ただただたっ君を呼びつけて話だけさせて長時間相手をさせて何も買わない人とか
もうね…。

仕事上では何も言いませんが
お客様は神様ではないしお金を払わない人はただの「なんか来た他人」くらいに思ってます。

手間ばかりとらせたっ君の体力ばかり消耗させてお金を払わないのです。
いいかげんにしろよと。

今電話があった人も…うーん,なんか心配になってきました。


そんなときにこないだたっ君がふとフォーカスしたハンバーグ色の顔のたいめいけんのシェフですね。
こないだテレビを見てから興味を持ったのでいつかたべにいこうと思ったら
同じ料理でも1F2Fで食材が違うようで値段が違うんです。
普通のハンバーグが2600円で
2Fの国産和牛のハンバーグが3500円
と書いてありました。


あとメニューに50円のスープと50円のサラダがあるのですが
この商品だけの注文だけはやめてくださいと書いてありました。
そういう価格の使い分けや安いメニューだけの注文はできませんといろいろシステムを
決めてしまえばいいのです。
そういうシステムを決めないといけないのはたっ君も分かっていてそれなりにシステムはある物の
分からないところも多かったので
このメニュー表を見てものすごく参考になりました。

https://www.taimeiken.co.jp/menu/index1.html

個人経営や中小企業は薄利多売にはリソースが間に合わない事もあるので
タピ岡マスク屋でもないかぎり
炎上覚悟でいうならば
安いお客さんを相手にしてはいけないし
ルールにそぐわない人をお客さんとしてとってはいけないのです。多分。

ですからたっ君はおみやげプラザは一応ありますがここを充実させるくらいなら主力商品の
仕入れを優先させます。
以前は薄利でもきていただくことが大事だからとおみやげプラザを屋外に出して
たっ君自らそとで呼び込みをしていましたが
そうなるとその安い人ばかり集まるし
たっ君がおみやげプラザを外に出して呼び込みをした年とそうでなかった年を比べたら売り上げは
変わらずたっ君が熱中症になったり疲弊しただけだったのです。

それ考えたらね,相手によってたっ君が塩に思えるかもしれませんが
やっぱり価格設定と必要なお客さんにきてほしいというのが大切ですね。

呼びつけて長時間話をさせて1円も払わないやつとか
手間ばかり掛けさせて金額と割に合わないとか
そういうのはたっ君の少ない体力を守るためには考えといけないですね。
感じ悪いとかではなく,しょうがないです。はい。

先日テスラのショールームとフェラーリのショールームの前を通ったのですが
どちらもお客様は全く近付いておらず
店内も誰もいなくて無理に呼び込みをしている感じではなくという雰囲気で静かな物でした。


というかあのへん一体のショールームや老舗の宝石やはあまり人の出入りを見た事がありません。
その付近にちょっとセレブそうなチョコレート屋さんがあり,そこには結構人が集まっていましたが
高い高いといってもチョコレートですからテスラやフェラーリを買うよりは入りやすくその日のうちに買うことを決められます。


でもこれも一種のふるいわけだと思います。


ようするに買い物の頻度は高くても単価が低い人ばかりをフォーカスしても仕方がないんだと言う事を
耳にたこができるくらいいいきかせないと
またたっ君が振りまわされて疲弊してしまいます。
これはたっ君が少ない体力をまもるためにしかたのないことでもありますね。

もう少し安い商品にした方がいいのではないかときもちがおよいでしまうのですが
我慢が必要ですね。
そういえば取引先の役員の人からも
「たっ君はもう1ランク高い価格帯の商品を取り扱うべきだ」
と注意を受けた事を思い出します。

それともう1つは今回のテスラとフェラーリのショールームで学べたように
たっ君はやはり外に出ていろんなお店で見学したり色んな飲食店で食事をして
いろいろ学ばなければならないようです。

16273754440.jpeg



スポンサーサイト




テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック