fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



イランとアメリカが核に関する対話をすると困る人達がイスラエルにいるのかな?
シリアがイスラエルの原子炉付近に空爆,イスラエルは報復としてシリアを空爆した。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6391330
うーむ。
イスラエルの小さな面積の国に原子炉なんかいるか?と思ったら発電施設ではないらしい。
ただ日本の福島原発同様古い原子炉なんで当たり所が悪いとやばかったね。
56719527.jpg


とはいえイスラエルは周辺の石油産出国とは関係がよくないので
現時点で電力不足はいなめないんだな。

その前にイスラエルがイランの核施設をサイバー攻撃しているのでそれの報復っぽい。

これ思うと福島の原発でセシウムさんがどうのとか放射能がーと
はしゃいでる日本はぬるいと思うわ。
実際にミサイルが原子炉にとんできたり発電所をサイバー攻撃されるわけだから。

多分俺達が生きている時代ではチェルノブイリ並みの事故はおこらないけど
それでも小規模な事故や攻撃はおきつづける。
それはまずしたかのないものとして受け入れるしかない。
ただ,日本の震災の事故のように国民に退避や移住を求める場合は国がしっかり補償する
ことが条件だけど。
原発の是非を問うのではなくまずそこに『ある』ものとしなければいけない。


で,話を戻すとそのイスラエルがイランの発電所の攻撃してキレた
イランがその前に自国の発電所のウラン濃縮度を引き上げるニュースをどっかで見かけたと思うんだ。
ああ,あった。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-04-14/QRIUHQDWLU6R01
それでイランは本格的に核兵器を作るのでわ,といってたけど
何をいまさらジロー。

核ミサイルごときでちびってたら日本は北朝鮮のとなりで生きられんし
日本だっていざとなりゃ何でも作れる。

シリアとイランは同じシーア派の仲良しだし
イランは同じシーア派のイエメンのフーシ派を支援している。
で,それとドンパチやってるのがスンニ派のリーダーになりたいサウジアラビア。
でもトルコも同じスンニ派だけど自分もスンニ派のリーダーになりたいので
同じスンニ派なのにサウジアラビアに後ろ暗いところがあればつつきに行くわけ。

これもこないだのブログで「中国や日本のような宗教があってないような国には
理解できないだろうけど宗教を奉じる国は本当に宗教が全てにおいて大事なんだよ」
って話したでしょ。

大変根深いものがあるッ(by 大泉洋のモノマネの田中真紀子先生)


で,そもそものイスラエルがイランの原発施設にサイバー攻撃を仕掛けたのは
イランとアメリカの対話を阻止するためと最初の記事で書いてあったけど
「なんで?」
イスラエルとアメリカの関係は営業所と本社のような関係だから
そこにイスラエルが首突っ込んだらあかんやろ。
そのせいでイランは怒って濃縮引き上げになったわけだから
話をややこしくさせているだけでは?
たっ君なりの苦し紛れにうがった見方をするとすればアメリカの大統領が民主党のバイデンに
なったからイランとアメリカがなんらかの核に関する対話をするかもしれない。
今のロウハニ大統領ならやるだろう。
そうなると都合が悪くなる人がイスラエルにいるわけね。それっていったいどういう人達だろ?
謎が多すぎる!
スポンサーサイト




テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック