FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



水木先生,ゲゲゲの森へお引っ越し
ここでとても残念なお知らせです。
たっ君がとても影響を受け,尊敬する漫画家,水木しげる先生が93歳で
お亡くなりになりました。
もっと長生きしてほしかったです。
水木先生は108歳くらいまで生きるだろうとずっと思っていましたから。

たっ君は鬼太郎シリーズが1番好きで,他にも河童の三平も読んでいましたし
悪魔くんも原作とアニメ両方見ています。
とくに鬼太郎は毎週見るのがものすごく楽しみでしたしおもちゃや本も
たくさん持っていました。
ちょうど小学校に入学したころ,僕は人生で初めていじめというものを経験します。
それまで僕は幼稚園までは誰かに攻撃されたり仲間外れにされたり
ということがありませんでしたから小学校に入ってはじめて理不尽に差別を受けたり
いじめられたり一人ぼっちになってしまいました。
学校から帰ったらいつも一人で鬼太郎のおもちゃで遊んでいました。
ゲゲゲハウスといって鬼太郎の家のドールハウスがあるのですが
色んなバリエーションがあって僕はこれらを集めていて
僕はこれらのおもちゃがお気に入りでした。
僕にとっては学校の人間達の方が妖怪よりも恐ろしくて怖くて大嫌いな存在でした。
学校の人間達は僕の体が大きいと言うだけでいじめました。
悲しかったです。
やがて僕は自分は人間なのではなくゲゲゲの森に住む住人のような気が
してきました。

今でも僕は自分のことを人間ではなく,人形だとか悪魔だとかあるいはシャチだとか
ロボットだとかトランスフォーマーだとか航空機だと言うのはこのあたりからルーツがあるのだと今思います。
僕は人間である必要がなかった。
僕は自分があんな残酷で理不尽なことをする彼らと同じ人間だと思いたくなかった。
だから僕にとっては鬼太郎やねずみ男やすなかけばばあやこなきじじいや一反もめんやぬりかべ
の方が友達だったのです。
全くさびしくはありませんでしたよ。
僕はゲゲゲの森でゆかいに毎日面白おかしく暮らしていたのですから。
毎日鬼太郎のおもちゃで遊び,鬼太郎や他の水木先生の本をたくさん読み,
またあるときは水木先生の絵をまねしてお絵描きをしていました。
幼かった僕にとって多大な影響を与えてくれた先生だと思います。

水木先生の影響を受けて妖怪をモチーフにする作家さんはたくさんいますが
やはりあの独特の世界観,そして楽しさは水木先生には遠く及びません。

ある漫画家の先生がおっしゃいました。
水木先生は亡くなったのではなく妖怪の国に招かれただけですと。
僕もそう思います。
水木先生はゲゲゲの森に引っ越しなさったのです。
そう思っています。
120215.gif

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック