ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています。サイトの方にも遊びに来て下さい。僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



オープンワールドでメンタルトレーニングだ!
そもそももともと不安になりやすくストレスにとても弱いたっ君が少なくとも仕事に関して
ここまで強くなれたのは
別に意識の高いことをやったり特別なトレーニングをしてるわけじゃない。
やっぱりゲームも影響大きいと思う。

たっ君は子供の頃スーファミを買ってもらえなかった。
でもおふくろはリカちゃんやジェニーやバービーやウルトラマンのソフビやままごとはたくさん買ってくれたので
俺は自分で遊び方を考えながら遊んだ。レストランごっこや高級料亭ごっこにスーパーごっこ。
こえだちゃんを使ってコメの卸問屋ごっこなんてのもやってた。
飲食店ごっこをするときはときどき保健所が来たり腹壊したと言うクレーマーが来るという設定や
ライバル店に嫌がらせをしに行くと言う設定もして遊んだ。

だからゲーマーのたっ君だけどゲームデビューはセガサターンとプレステなのさ。
でも困った事が起きた。
ゲームばっかりやってると頭が悪くなる,んじゃなくて学校でもアイディアマンだった僕が
あまり物ごとを思い浮かばなくなってしまった。
まわりに『俺おかしい!助けてくれ!』と助けを求めたら友達のみすたさんが
『ゲームをやめて今すぐ元のバービー遊びに戻れ!想像力を取り戻せ!』
と。
で,ゲーム時間を減らして前みたいに着せ替え人形のお店ごっこで遊んで
自分で遊ぶテーマを考えながら遊んだら少しずつ僕のアビオニクスは回復していった。

同時にPS3がスタートして海外から色んなゲームが入ってきた。
たっ君が心から敬愛する(しつこい)デッドスペースは違うけど,
それ以外のステルスゲームやFPSはいわゆるオープンワールドと言う奴で特定のミッションをこなすに
しても好きに動いていい。ものによっては序盤からマップの隅々まで旅できるゲームもある。
おつかいにしたってストーリーにしたって自分で好きな侵入方法を決められるわけ。
正面切ってサブマシンガンで突っ込んでよし,たっ君のように誰にも気づかれず背後から回り込んで
素手でターゲットの首絞めてよし,遠くからスナイパーしてよし,爆弾使ってよし,車でひき殺してよし,
状況と自分の好みで動ける。もう最高。
この手のゲームでめんどくさくなってポイント稼ぎだけしたいときは車に乗ってひたらすらマップをぐるぐる回り
敵をひき逃げするのが楽。これはデッドアイランドでもそうだった。
もはや何のゲームか分からなくなるが別にやるなというルールはない。

要するに自分でテーマを決めて
遊ぶのでやることはリカちゃんやバービーのレストランごっこやスーパーごっこ,
ままごとのレストランごっこと一緒なのだ。
だからたっ君はSD達に食事を出したりバービーを動かして料理を作ったその手で
敵(NPCやオンライン対人戦問わず)に背後から忍び寄ってヒトおもいに首を締めあげたり
ナイフで相手をめった刺しにもするしアサルトライフルで相手をネギトロに変える。
15115099250.jpeg

15115099820.jpeg

どうやってままごとや人形の料理を作るか考えるのとどうやってターゲットを一撃必殺するのか考えるのは
同じだ。
ただゲームの世界は着せ替え人形やままごとと違ってルールがあったり対人戦となれば
相手も読めない動きをする。
だからこそ自分の得意なやり方で,さらに一本道ではない多彩な得意なやり方で戦わなければならない。
仕事のトラブルや対立もそれと同じ。

トラブルの対処法は1つではない。
自分の得意なやり方を即座に選んで行動する。
もちろん周りの大人の知恵も借りるけど,とにかく方法やルートを自分で決められるかどうかで
仕事のトラブルやピンチへの恐怖はだいぶ小さくできる。
オープンワールドのゲームと同じだ。

昨日の夜たっ君はどうしても登れないベルタワー(ラジオ塔)が2つあって困っていた。
1つは普通のルートからはタワーに近付くことすらできず
地下の洞窟から侵入できるのだがグラップルを使ったクライミングを繰り返さなければならない。
フックを岩につきたててターザンのように飛ぶ。
これは結構しんどい。
もう1つはタワーに近付くのは簡単だが途中かなりの走り幅跳びをしなければいけない。
これはめんどい。

まず洞窟侵入するための
何回やってもグラップルがうまくあつかえずイライラしたたっ君いったんゲームをやめた。

で,翌朝5時。
ちょっと待てよ。ブザー(こないだ言ってた1人用の鳥人間に原付エンジン付けたような奴)で行けば
いいんじゃね?
たっ君がばっと起き上がりゲームのスイッチを入れてさっそくブザーに搭乗。
高い山をすいすいと越えて洞窟を無視して直接タワーの前まで行って無事登ってきた。

これで調子を付けた僕はブザーで2つ目のタワーに向かう。
2つ目のタワーは近付くだけなら簡単だが中を登るのがしんどい。
で,たっ君何を考えたかと言うとできるだけ頂上に近い位置まで直接ブザーで乗り付けてやろうと。
ところが高度があがってきて警告音が出始めた。
機体も風にあおられて不安定になってくる。いやいや警告音が鳴る中たっ君は強引に
機首を上げ,ほぼタワーの頂上近くの屋根の上にブザーを着陸した。
不安定な状態であのせまい範囲に着陸できたのは本当に嬉しかった。2回くらい失敗したけど。
エースコンバットやh.a.w.x.で鍛えたフライトテクニックがこんなところで役に立った。
いつもたっ君はこの手のゲームで警告音ギリギリまで高度を下げて無誘導爆弾を落とすのが好きだからだ。
低空でも高度でも不安定になった機体を維持しながら飛ぶのはエースコンバットで嫌と言うほど
鍛えられたからできたと思う。

あのすごい着陸を同じことをもう一度やれと言われたらもう無理だ。
記念写真を撮らなかったのが惜しまれる。
しかしあとで動画サイトを調べたら海外のプレイヤーでたっ君と同じようにブザーで乗り付けてる奴がいたので
悔しかった。



この手のゲームは目的さえ達成できれば方法は自分の思い通りっていうのが
本当に素晴らし過ぎる。
何通りもの方法を自分で考え依頼をこなす。ゲームとしてそれが
課せられているのだから決してどんなミッションでも不可能はないはずだと
信じて。
仕事も今までも乗り越えたのだから今回もなんとかできると
信じて。



オープンワールドでない一本道のゲームや遊びばかりやってると
予想外のことに弱くなるし道を用意してもらってる分自分で考えたり想像したり
する能力が弱くなるし何よりと仕事上のトラブルにも弱くなってしまう。
今は昔の自信のなかった頃よりも仕事の大きなトラブルやピンチが発生しても不安になったり失望せずに
どうやって勝とうかとわくわくしながら頭を使って働けるようになった。
それもまたこの手のオープンワールドのゲームのおかげだ。
ピンチをチャンスにとまではいかなくてもピンチを恐怖せずに落ち着いて動くことが
きできればそれでいいんだ。
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


実はサブマシンガンと言うものがそんなに好きではない
とりあえずエナジードリンクとバターブリオッシュ買ってきたぞ。
パンはちぎっては食べちぎっては食べして冷蔵庫に保存する派だ。

ところでFPS好きの人は共通点があって大体みんなエナジードリンクが好き。
日本人はモンスターエナジーが好きな人が多いけどたっ君はレッドブル派だな。
ただたっ君はレッドブルは仕事のために飯替わりに飲むのであってFPSや
るときは飲まない。無駄に体温が上がって落ち着かなくなって銃の精度が下がる。
むしろリキュール入れた方が度胸が付いていい動きができる。

だから僕が思うのはFPSという行為とレッドブルが直接体に作用すると結びつかなくても
肉食性の発達障害児が狩りの本能に目覚めて野性の勘を生かしたFPSをやめられなくなる=
ゲームだろうと仕事だろうと野性の勘に覚醒している状態を求める=レッドブル
というワンクッションがあるんじゃないかと。

ご存じのようにたっ君はどのゲームでも『わー!』と大騒ぎをして突進するタイプではなく
ラプターとしての当初のコンセプト通り『first look first shot first kill』といって
早めに勝負を終わらせたがるタイプなのと僕が狩りの本能に本格的に目覚めたのは
アサクリがきっかけだったのでステルスにものすごくこだわるようになり,
ここ数年はスコアがどうというよりどのゲームでもいかに相手に気付かれずに見つからずに
それも一撃で始末できるかにこだわってしまいます。
逆に何度も切りつけてしまうと美しくないですし見つかって大騒ぎになるとウザいです。
だから大きな音のする武器は使わないし白兵で済むなら白兵で行けるし
素手で行けるならそれが一番無音ですから。
もともとパライヴ2あたりから敵に感知されずに自分が傷ついたり汚れたりせず,
白兵で殴りつけて始末する,という形が
最高だったのでバトン縛りに目覚め本当の最初のきっかけはその頃かもしれません。

で。farcry。昨日の,というか今日の早朝のミッションは厄介で
『誰か父さんのかたきを取って下さい』
とぴぃぴぃとばいきんまんみたいな声で泣く奴がいました。
無視したかったですがこのばいきんまんみたいな泣き声が耳についてとりあえず
泣きやませるためにそのかたきとやらを取りに行ってやろうとしたら
『どうしてもSMGでターゲットを始末してほしい』
と言われ,早朝4時のテンションで頭もボーっとしてSMG?ってああサブマシンガンか…
ってなんでよりによってサブマシンガン!
音はでかいしそのくせ敵はノックバックしないくせにこっちの反動だけ大きくて
一撃で倒せない分辺り一面が血まみれになるという
いいところが何一つもない美しさのかけらもないサブマシンガンで!
しかし他の方法だとギャラが半額になってしまうらしくOKと答えるしかなかった。
とりあえず現地の入口でイベント武器のスコーピオンを拾ったので一度リカーブボウで他の敵を
倒してターゲットだけスコーピオンを使おうとしたらリカーブボウを取りに家に戻るとミッション失敗になってしまう。

手元にはやたら大きな音の出るサブマシンガンのスコーピオンだけ。
やり方は二つ。

従来通りのやり方でターゲット以外の部下は1人ずつテイクダウンを繰り返しながら最後にターゲットを
背後からスコーピオンで発射。

あるいはスコーピオンで『わー!』と次々と全員を射殺しながら強行突破というお世辞にもたっ君らしくないやり方。

当然たっ君は最初の作戦で行くわな。
ところがテイクダウンを繰り返しているうちに思いのほかターゲットに早めに近付いてしまった。
さぁ困った。ここでターゲットをスコーピオンで射殺して写真を撮ればミッションは完了で報酬も満額もらえる。
しかし音を聞いて残っている部下が来てしまって銃撃戦になる。美しくない。
だからといってターゲットをテイクダウンで始末してしまうと報酬は半額になってしまう。

…さぁ参った。
超個人的な美学を取るか。
ゲーム内の報酬を取るか。

いや,あっさりたっ君はゲーム内の報酬を取った。
ターゲットを至近距離からスコーピオンで射殺。音を聞いた部下がわらわら出てきて予想通り銃撃戦になってしまった。
たっ君『わー!』と叫びながら否応なしに全員射殺。
辺りは血の海,死体の山になってしまった。ああ美しくない。
おまけに死体は折り重なってしまってどれがターゲットの死体か分からなくなってしまった。
しかたなくターゲットの死体を引きずり出して証拠写真を撮って満額報酬をもらってミッションが終わったが
どうも気分がすっきりしなかった。

その後は得意の人質救出系ミッションを片っ端からこなして超すっきりしました。

強行突破よりステルスキルの一撃必殺を狙うたっ君としては体力スロットや防御力を増やす象の
スキルは必要なくてテイクダウン系の虎のスキルを最優先しているので,
序盤の間に虎のスキルは揃えられるものは全部揃えときたいなと思いました。
scorpions.jpg

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム


好きな場所へ行け
たっ君が海外のゲームやってて狩猟の楽しみの他に楽しいなーすごいなーと思うのは序盤からだいたいの
マップのあらゆる場所に行けてしまうこと。
falloutでも序盤からキャピタルウェイストランドのあらゆる場所やダウンロードコンテンツの場所にも
もぐりこめた。
そこでいい装備を手に入れたり自分が戦闘に慣れさえすれば低レベルでも全くメインクエストを
すすめなくても好きに振舞える。


ところが日本のRPGは次はああしなさいこうしなさいあそこへ行きなさいとかウザい。
いきたい場所があっても船がないから飛行艇がないからいけませんと言われる。
こいつうぜぇなと思っててもパーティで必ず一緒に旅をしないと行けなかったりイベントで
しゃべられるとウザくてもうお前黙ってろというかマシンガンでハチの巣にしてやりたい。
変なラブコメもいらん。
何一つ自分で決められないのでは冒険でも探検でもない。ただのクライアントからのおつかいだ。

たっ君なぞfarcryで序盤からさっそく1人乗りの変な貧乏臭いヘリコプター(鳥人間コンテストに
原付のエンジン付けたような粗末なものだが)を入手してこれさえあれば高い山も越えられるし
崖っぷちにも行ける。
gyro.jpg

ゲームの中での車の運転が下手くそで4回連続で原付で池に突っ込んだたっ君としてはこっちの
方が向いている。やはりたっ君は地面を移動するより飛ぶのが似合う。
もう少しストーリーを進めてお金を貯めればムササビスーツが買えるらしいが今はこの
貧乏臭いヘリコプターで十分だ。


自分の好きな場所へ行け。


何が言いたいかというと僕があれだけひどいいじめを受けたり教師からせっかんを受けたり
かといって学校を休ませてもらえなかったのにうつ病にもならなかったし自殺しなかったのは
できるだけ学校の中で自分の好きな場所を選んでそこへ行っていたからだ。

たっ君は別に長い昼休みを校庭でドッジボールなんて絶対にしたくないし
字を読むのが嫌いだから図書室にも行かない。
たっ君はままごとがいいと言ってるんだ!
そこでたっ君は卒業まで平日は毎日給食室で給食のおばちゃんの手伝いをしていた。
最初は給食室の外で牛乳パックを片づけるだけだったが次第に給食室の中に入って
食缶の残飯を捨てる仕事もやるようになった。
毎日たっ君がやってくるし学校を休まないのも知ってたからだんだん給食のおばちゃんからも
働き手として認められるようになっていったので僕はつらくても今日も給食室で
おばちゃんたちが僕を働き手とカウントしてるかと思うと休むわけにはいかないと学校に行っていた。

これに自信を付けた僕は小中学校で大嫌いな宿泊行事も自分なりの居場所を求めて食事前には
施設の食堂に降り立ち(!),厨房の中には入らなくても夕食の食器の配膳を手伝ったりもした。
他校の配膳も僕が始めるし,あの有名な高速餅つきのごとく高速でプラスチックの食器を
テーブルに並べて行くのを見て他校の先生がびっくりして声をかけてきたこともあった。
料理などの技術はないけれど僕はウェイターとして活動していたのだ。
だから僕は中学校になってもいつでも配膳や後片付けの役に立てるように学校に
お気に入りのブルーのエプロンを持ってきていたのだ。


いじめがつらい人,学校にも家にも居場所がなくて追い込まれてる人は日本のRPG的移動はやめて
海外のFPS的移動を意識する方がいい。
学校の敷地内は広い。自由時間なのだから鍵さえかかってなければどこへでも行って自分の
気に入った場所を見つけることだ。場合によっては入ってはいけない場所で怒られるかもしれないが
怒られたらまた別の場所を探せばいいだけのこと。
ちなみにたっ君は各施設やホテルにやってくるといろんな場所に入り込んでしまうので
たまに注意されてしまうけど。


>>みみさん
うちのおばあちゃんはかっこいいというより怖いですよ?
本当に虎みたい。まぁああいう性質の人間ががんばらなければ
戦時中は生き残れなかったでしょうし。
まぁ人生長く経験していればお年寄りの体験は
その人の個性が色々あって楽しいですよね。

テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育


そうそう,俺がやりたかったのはこれだ!
というわけでfarcry 4生活をすっかり楽しんでいるたっ君です。
結局普通のFPSとして楽しむのかアサクリの延長として楽しむのかで
やり方も変わって来そうなゲームですがたっ君はアサクリシリーズとディスオナードで鍛えられた
ステルスキル+テイクダウンですすめていくのがよさそうです。
というかすでに全攻撃テイクダウン&ブザーは一度も鳴らさせるなという縛りでやってます。
檻を壊すときはさすがに使います。
でももうちょっと進むと苦しくなってくると思うのでそのときは銃は使うけど必ずヘッドショットで!という
縛りでいきたいと思います。

さすがディスオナードで1周目から一度も敵に発見されなかったたっ君だけありますので,
アサクリの鷹の目やディスオナードのダークビジョンやらが一切ない分FARCRYは
ちょっと難易度上がってきているもののさっそくの人質救出ミッションでは
一度も発見されることなく全員ククリだけでテイクダウンしました。
ビービー泣きわめく人質がうるさかったです。こういうときアンドリュー・ライアン的思考のたっ君は
最高にイライラします。でも人質を助けるとこれ少ないけどってお金くれるので溜飲が下がります。
でもあんまり泣きわめかないでほしい。集中力の妨げになるから。

ただしたっ君はこの手のゲームの乗り物の操縦が下手くそで原付で4回池にダイブしました。
でも時限ミッションを考えると乗り物の練習をしないといけません。

この手のゲームをやっているときの何が楽しいというとターゲットが近くにくるまでじっと待っていたり,
時間がないときは石を投げたりわざと大きな音を立てておびき寄せて手が届くまで来たところを
ぐっと手を伸ばして近接攻撃(テイクダウン)。もちろん音がしないのでまだ残っている敵にも気づかれない。
この一連の動きは他のステルスゲームと同じですが
この綺麗に近接攻撃が綺麗に決まったとき,相手が自分が何をされたのかもわからない間に倒れるときが
最高に楽しいのです。
狩りの本能を呼び起こすというか。

今の現代社会は農耕文化が発達して出来上がったものです。
みんなで畑を作り,計画性と協調性を持って行動します。

それに比べてたっ君はそもそも頭がそんなによろしくないですし常に1人か少人数で行動し多少のリスクも顧みず
思い立ったらもともとない知恵なんて絞っても役に立たないのではじめから
ろくに計画もせずに突っ込むタイプですが,全ては体に叩き込んだそのタイミングとリズムだけが
頼りなんです。
これは仕事も同じことなんですがまだまだしょぼい仕事しかできないたっ君は狩りの下手な獣
だというところです。
ゲームの話に戻しますが
たっ君も今から3年前人生で初めてアサクリを始めたときはステルスも尾行もスリも下手くそでした。
でもアルタイルカッコイイしアサクリ大好きでシリーズをずっとやってるうちにいつの間にかフルシンクロが取れるようになったり
他のゲームでもTPS FPSにこだわらずステルスの技術がどんどん上がって行きました。
今では鷹の目やダークビジョン的なものがなくてもある程度自分なりのリズムで敵の視線範囲が
目測で計算できるようになりました。これは対人のFPSでも十分使えるスキルです。
もう1つはそのゲームによって違うもののショットガンなんかの場合は相手のノックバックと自分の反動のリズム
を体で覚えることですね。
そういう点では小刻みに反動するし無駄弾を出しやすいマシンガンは苦手なんです。
大体それでイライラしてバイオなんかで白兵縛りに手を出してしまうタイプです。
(というかバイオよりもサイヒル派です)

要するにゲームも仕事もたっ君の場合計画を立ててコツコツやるんじゃなくて狩猟的な感覚で
ぱっぱと決めて素早く動き,何よりも全ては自分の体のリズムで覚えるって
やり方しかないんですよね。

farcry4.jpg

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


broken steelはアダムス空軍基地に入ってからが本編やぞ
いつまでもぐちゃぐちゃ悩んでてもしょうがないのでこういうときはスチャッと気持ちを切り替えて
amazonでさっさと1936円のペンを注文して
ついでに甘い物で脳を休ませようとカスタード味の白たい焼きを食べました。
『こんな大事な時にペンなくすとかたっ君はダメダメ男なんよ!』
とまーたんに言われそう。

イラスト付き感想はちょっと待ってね。

fallout3ですがいよいよ最終戦なのだわ。
今までDLがmothership zetaが1番面白いと思ってましたが…broken steelくっそおもしろい!
なんでこのDLが本編クリア後でないと解除されないかが分かった。最後のお楽しみなんだね?
最初はつまんなかったんだけど装備そろえてアダムス空軍基地に入ってからが面白い!
空軍基地とかいうだけあってまさかたっ君の残骸があったらショックでどうしようって
実際リベットシティにファルコンニキらしい残骸が数機分あったし心配だったんだ。
でもそれらしい残骸も機体も見当たらず。

いやー,よかった。

ちなみにアダムス基地のモデルはエアフォースワンのあるアンドルーズ空軍基地がモデルだから
F22は展開してないんだけどね。
でももしたっ君の残骸があったらショックだった…
自分のバラバラ死体見たらショックでしょ?そういうことよ。

このゲーム自体は1本道でないので好きなように目的地まで行けるのでしばらくは基地の中
ウロウロさせてもらうわ。
プラズマライフルがいい感じに回収できているのでこれで敵をねちょねちょのスライムにできるし。
あと,昨日perkの『Mysterious Stranger 』を取得した。
これがまたメタい。場違いなBGMとともに場違いなコートのおっさんが出てきてマグナムで
援護してくれるんだけどあまりにもゲーム本編の世界観と場違いすぎて初めて発動したときは
さすがのたっ君も固まったわ。

amazon評価欄ではfallout3は本編さえあればDLいらないって書いてる人いるけど
たっ君に言わせればfallout3はDLこそがメインだから多少のフリーズに目をつぶっても
DL付きパックを買った方がいいですよ。
do3.jpg

でないとエイリアンアトマイザーもらえないし,何よりストーリーが本編よりどれも面白いからね。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム