FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



重装ロリするには筋肉付けれ
たっ君はイベントでまーたんによく首の後ろの筋肉を引っ張られたりこすられたりします。
そしたらまーたんのliveに来たお客さんにも同じところをごしごしされました。
「この子のね~ここがね~あははきもちいい」
と言われてしまいました。
ようするにたっ君の首の後ろ筋肉はものすごくさわり心地がいいようです。
昔,僕はいつもジャンパースカートの肩の部分が気を付けないと下がるのが嫌でした。
女みたいでカッコわるい男らしいいかった肩になりたい!といつも嘆いていると親父が
「違う。お前の筋肉はそうぼうきんが発達しているんだ。室伏を見てみろ。あれと同じだ。
鍛えれば室伏のような肩になるぞ。いかった肩と言うのはただのガリガリだ」
と言ったのですが…
「お前の好きなバレエダンサーに撫で肩が多いのもあれはガリガリじゃない。
そうぼうきんがデカすぎるだけだ」
とも。

そしてやたら色んな人がたっ君の首の筋肉を引っ張りたがるあたり意外にたっ君は
そうぼう筋とやらが発達しているのかもしれません。
たっ君は素肌でprettyやbabyのコッテコテのお姫様やポップなジャンパースカートを着ているのは
腕の筋肉アピールのためだったのですがどうやらたっ君は首の筋肉にも自信をもっても
いいようです。

たっ君はロリィタの中でもお菓子や動物やおもちゃといったもっともスイートでポップな
モチーフに位置するジャンルのロリィタでありしかもピンクしか着ないし
頭物はほぼボンネットとあとはミニハット
という徹底ぶりですが同時に筋トレ大好きでもあります。
ひまさえあればダンベル振り回してるかゴムチューブを背中に巻きつけて腕立て伏せしてます。


たっ君は綺麗とか美系と言われるよりは可愛いとか服が似合ってると言われた方が嬉しいし
キレてるよーとかナイスバルクとか仕上がってるといわれるのも嬉しいです。

良くすれ違いざまに『でかっ』と言ってくる人がいますがあれは嫌です。
悪意があるから。


こんな体型でもなぜかタイタスさんやバーンマイトのようなパワー型ではなく
レオやアクロスマッシャーやフーマに近い戦い方を得意とします。
ゼロはゼロでもビヨンドと言うよりデフォルトのゼロです。

こないだも夏の魔物に行った時にひろりんさんと2人で最前への行き方が分からなくて目の前に結構高い柵があったのですが
たっ君「ここ越えるしかねぇだろ」
と重装備ロリ+パニエ3枚履きのたっ君がひょいと柵を飛び越え,ひろりんさんもズボンだったので
乗り越えられました。


本来ロリィタと言うものは年中重装で走り回っているのです。
最近のロリィタはどんどん軽装化して
巨大なボンネットも重いおでこ靴もほとんどなくなって
華奢なモデルさんも増えましたけど。

ちなみにぴょこぴょこ飛びはねてるたっ君ですが平均3~4枚のパニエを重ねています。
それもハードチュールが何重にもなった上にレースの付いた重いやつです。
重装で柵を飛び越えたりとび跳ねたりするのはそれなりの筋力が必要なんです。

で,先日たっ君がいつも着ているprettyの古参のデザイナーさんがSNSで普段着を公開していましたが
そのおしゃれなコーデよりも左手の見事な円回内筋(腕と肘の間の筋肉)にめがいきました。
重装を繰り返しデザイナーと言う手を使う仕事でああなったのでしょう。

そうそうかつてのロリィタとはそういうもんです。
重い服やパニエさらに冬にはそのうえからコートも着ますからそれら
がちょうどいい負荷になって自然と全身に筋肉がつくわけですね。


ちなみにたっ君がやってる名付けて『地獄スクワット』というのは
普段自分が両手ダンベルカールしているダンベルより一回り小さいのを持って
限界まで腰を落とすやつです。
これを8回を1セットとしこれを5~6セット
まじおすすめ



それでも私は背が低いし体も太れない体質だし重装はあこがれるけど…服が重いと思った
そこの若手ロリィタさん!
大丈夫,身長は変えられないけど筋肉は変えられます。ラオウやカイオウのようにはなれなくてもシンやユダ
のような細マッチョを目指しましょう。
Shin.jpg

Yuda.jpg


毎日ちょっとずつ自重(素手)でもいいので軽く無理のない程度にスクワットしてみて下さい。
初めは8回×2セットかなぁ?
重いおでこ靴をはいて歩きまわっても足が疲れにくくなるしケープ付きのウールのコートを着ても
羽のように軽く感じるはずです。


スポンサーサイト



テーマ:ロリィタファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


中身まんま男のたっ君が一生女形を続ける誇り
たっ君は人生の半分以上女形をやってきた。
戸口をふさぐくらいにパニエで広がった服に頭全体を覆う巨大なボンネットはもはや僕のトレードマークだ。
レースとリボンとフリルに埋もれて僕は生きる。

といってもたっ君は中身はしっかり普通の男性だし男らしいと言われるのが好きだ。
お兄ちゃんやEMIRUちゃんにあこがれてこうなった。
実際この2人は女形だけど中身は普通の男性だし平均的な男性よりずっと男らしい性格だ。

あと女好きのスケベ男ほど女形に向いている,と言われる。
これは女性経験が豊富で色んな女性を観察しているからだと言ったのは梅沢富美男大先生。
僕が女形になる少し前,子供の頃梅沢富美男先生の動画を見てかっこいいこんなふうになりたいと
思っていたらおふくろが『すっぴんは普通のオッサンやで』と言ったけどすっぴんやもともとの
体型なんて問題ではない。
いかにお芝居のように美しい女形を演じられるかだ。
そう言う意味では梅沢先生は本当に美しいと思った。

もっと古い記憶はさらばわが愛のレスリー・チャンの蝶衣だ。
蝶衣は京劇の男旦(女形)だった。


ただやり始めの頃はあくまでお兄ちゃんのまねっこにすぎなかったからお兄ちゃんが女形をやめて
男の姿に戻ったら僕もゴスロリをやめるかなー,それまではやっていたいなぁくらいにしか思っていなかった。
しかしお兄ちゃんはその後すぐに女装をやめ,ゴシックではあるが男性の姿でステージに立つようになった。
が。僕はゴスロリのままだったしその頃にはやめる気がなくなっていた。

20代半ばのときにおふくろから
「いつまでゴスロリ(女形)を続けるのか。最後に好きな衣装を仕立てる金を出してやるからそれを着たら
引退するか?」
と聞かれたが僕は黙っていた。
おふくろはとにかく金はだすから僕に女形をやめてほしかったのかもしれない。
でも僕はロリィタであり女形であることは自分の誇りになっていたし一生これを続けるんだなと言う予感は
その年頃にはすでに確信に変わってきていたので返事はしなかったしおふくろも二度とその話は持ちかけてこなかった。
どこかであきらめてくれたのかもしれない。

親父も最初は文句を言っていたが最近になってたっ君が高級会員制ジムのカタログを
見ていると
「そんなんやるくらいなら
ドレス(親父はジャンパースカートやワンピースも含めてたっ君の服をドレスと呼ぶ)なら
買ってやるからやめてくれ」
と言ったときびっくりした。

少しずつ女形のたっ君が受け入れられて来ていて少し嬉しいんだ。


僕は歌舞伎役者や京劇の男旦ではないしドラァグクイーンではないが1人の女形として長年積み上げてきた
自分なりの譲れないフィロソフィーのようなものは持っているつもりだ。
たまに嫌な気持ちになるのは普通の女性がたっ君のドレスやメイクを真似すれば
たっ君以上に綺麗になってみせるだって私は女だから男より
肌もきれいしスタイルだっていいんだからと思いこんでいるマウンティングだ。
僕は綺麗ごとなしにそういうのクソむかつくんだよ。
そもそもたっ君のメイクは女性向けではなく男性がやる女形メイクであり全く別物だ。
実際僕に話しかけてくるそういう子はたっ君は嬉しくない。



女形は女性(もともとの女性も性転換して元男性の女性も全て含まれる)ではない
中身がまんま普通のというか男らしい筋骨隆々のたっ君がやるから意味があるのだ。
当然僕は胸に詰めものをしたり女性らしいボディラインに見せる細工はしない。
そこが今流行りの女装男子と違うところ。
むしろ筋肉をアピールしてやるし筋肉を褒められると嬉しい。
ましてやたっ君は下着はつねに普通の男性もののトランクスしかはかないし
女性物の下着なんて恥ずかしくて触りたくもない。
ストッキングやタイツは絶対履かないから足元はいつもハイソックスだし。
ドロワーズで隠れる部分の膝の毛は
放置だったりする。
だからドリフの女装コントや矢島美容室レベルとそんなに変わらないのかもしれない。

そもそも僕はみだりに肌を露出する服は着ない。
ワンピースやドレスの丈は短くても膝上にとどめているしそれより短いワンピースのときはドロワーズを腰パンにして
膝を隠している。
でないと品がなくなるしなんか汚い。
あくまで男性が演じる女形ということに意味があるのだから,『あれ男か』『やっぱり男じゃん』
とすぐ気がついてもらって問題ではないしそうでないと困る。
それは僕のお兄ちゃんも同じだったしむしろお兄ちゃんは海外のファンに女に間違われるたびにいちいち憤慨すると言う
よく分からない人なのだが僕はその気持ちがすごく分かるんだな。


15589418190.jpeg



テーマ:ロリィタファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


なぜアルゴンキンやピースナウが撤退してしまうのか
ゴスパンク系のアルゴンキンが破産手続きになった。
たっ君もアルゴンキンのドロワーズやスカートを持っている。
で,ピースナウが撤退したこともあってもはやゴスロリは終わりなのか?という
話が出ているがそうではないと思う。
これは上記の2つのブランドとputumayo,それよりもだいぶ前になくなったBA-TSUなんかも
そうだけどどちらかというとこれらの服はゴスロリというよりゴスパンクだってのと
デザインがなまじ適度にカジュアルなので一般人に受け入れやすく一時は大きく店舗や商品を増やし過ぎたことが
あげられる。昔梅田大丸にはBA-TSUがあったのだ。デパートにゴスパンブランドがあったのだぞ。
ベティーズブルーもあった。
そして阪急百貨店にはヴィヴィアンウエストウッドがあった。そんな時代だった。

もう1つの理由としてなまじカジュアルすぎただけにたっ君のような徹底轍尾ロリィタだったりゴスロリ
だったりする人達のフォローを得られなかったことだろう。

逆に1987年創業のbabyや90年代からのmetamorphoseがいまだに元気なのは
あえて一般受けを狙わずその代わり一生ロリィタ着てそうな人達を相手にしているからだ。
これはprettyも言える事だが
カジュアル系のゴスパンブランドと違いずっとそこの服を着ているので
顧客の平均年齢は少しずつ上がりつつも新しいロリィタが入ってきたりなんかして
その人達が年を取ってもそこのブランドを着るので大幅に客は減らない。
これと連動して最近keraがweb版のみになったのがゴスロリが減っていることと関係あるのではと
言っていたがこれもあんまり関係ないと思う。どんなジャンルでは今雑誌はどんどん淘汰されてきているし
上記のロリィタの平均年齢が上がった事と関係ある。
keraは初めてこういったファッションに触れる人には十分お手本になるがある程度
分かっている人になると自分のスタイルがあり,雑誌の言うとおりにやってもつまらないし
自分なりのブランドの知識もあるしwebでいくらでもブランドのwebを見ることができるので
わざわざ雑誌を買う必要がなくなっただけだし
初心者も雑誌を買って勉強しなくてもwebでいくらでも先輩方の知識を得られるのだ。つまり
雑誌媒体そのものの役目が終わりつつあるだけでこれでゴスロリが衰退したと思ってもらっては困る。


ブランドの生き残りの話に戻るがmaxicimamのような初めから規模を小さくしてリスクを回避して
必要最低限規模で日本製にこだわる品質と小回りのよさ重視で小さく経営する安定型と言うのもある。
moitieやmarbleのようにセレクトショップに任せて委託に力を入れる場合もある。
実際ゴスパンブランドのnaotoも実店舗はやめて通販のみにすることで生き残りに成功した。


どちらにしてもゴスロリやロリィタ界隈では服のカジュアルデザイン化はあまりいいやり方ではないと思うし
その為に一般に一時的に売れたとしても購入者が年を取ったり流行に流されて去ってしまえば
とんでもない損失になる。少しでもゴスロリやロリィタを標榜するブランドなら
ファストファッションや一般人受けを意識する必要はない。


この世界では長く続けるならば一般向けにカジュアルダウンするよりも
ただ真面目にパニエの入ったレースやリボンをふんだんに使った王道と呼ばれるものを作った方がいいと思う。
それだけのこと。


15519327380.jpeg



テーマ:ロリィタファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


ブランドって大事
ひどい偏頭痛ですがロキソニンと冷たい飲み物で少しましになりました。
たっ君はとても繊細で弱虫ですがその反面仕事命ですのでどうしてもメンタルに負担が…。
たっ君は悪い子ではないですが
きり丸というあだ名の通り生き馬の目を抜くような面も併せ持つので
つねに仕事に関しては目を光らせ,今日まで生き残ってきました。
だからこれくらいなんということないです。

今が頑張りどきなのです。

まぁそんなドけちなたっ君ですが服だけはロリィタブランドの正規のアイテムを着ていたり
遠征や旅行の交通手段やホテルはまともにお金を使うのです。
それ以外はすごいしぶちん。

こないだもbabyで新しい頭物を2つ買ったのですが自分で材料をそろえてこさえた
安物の頭物ってすごに飽きちゃったりつかわなくなるのです。
だから頭物もちゃんとしたのを買わないといけない事に気付きました。
たっ君は服と靴はprettyですが頭物とシャツはbaby大好きです。
ドロワーズと靴下はmetamorphoseばかり。

普段着はmaxicimamのパーカーをはおっています。


いいものはまず着心地がいいしデザインもちゃんとしていてシルエットが綺麗です。
そして
何年も使えるし大事に使う気概ができます。
だからプチプラを買うよりずっとお金が無駄にならないのです。
だからたっ君はなんちゃってロリィタのいんちきくさいものは買いません。


10年以上昔の過去柄のオリプリの服を着ていてもなんてことないロリィタがたくさんいるのは
そのためです。
たっ君もprettyの全盛期の頭のねじが外れたような振り切ったデザインの10年前のprettyの服を
普通に着て現れますがお店の人はツッコミはしませんしロリィタ同士もお互いいいもの着てるねーいいねーと
言い合います。
たっ君が長くangelic prettyというブランドを大事にしているからです。今までもこれからも多分一生。
それはbabyも同じ。


いいものを着ろというのはブランドのジャンルこそ違えおふくろ譲りですね。
おふくろは服はシャネルが多いです。そしてなぜかヴィトンのアパレルには
手を付けません。あくまでヴィトンはカバンブランドでアパレルの歴史は浅いからだそうです。

息子のたっ君にはファミリアやカステルバジャックを着せていましたが
確かに丈夫で着心地も良かったです。


もっというとぢゅん子さんの服も適当に買ったやつはよく見たらデザインがダサかったり
すぐ破れたりしてひどいもんですがマテルの正規商品はたっ君が子供の頃から
使ってるやつは汚れてないしまだまだ着せられるしデザインもたっ君好みです。




仕事のときは数十kgの荷物を担いで階段を走り下りたりするので
彩度の高いピンクでレースとフリルもしっかりついていて華やかで可愛いけれど動きやすい
洗濯が楽な綿のスムースニットのmaxicimam。しかもmaxicimamのパーカーはファスナーではなく
ボタンが付いているのと丸襟で,フードさえ見せなければ正面から見るときちんとジャケットを着ている人に
見えてお客さんの前でもカジュアルすぎないというメリットもあります。

俊彦ちゃんと一緒にいるときはmetamorphoseやinnocent worldで豪華でお上品でクラシカルでゴシックに。
まーたんの隣にいるときはprettyやbabyで絵本やアニメの中から抜け出してきたようなお砂糖菓子のような甘さと可憐さを。

色々考えながら着ています。


服って自分の皮膚の1番外側だから大事なんですよ。
気に入らないものや安い以外にメリットがないものなんて買わない。買わない。かえってお金の無駄。

15518624350.jpeg



テーマ:ロリィタファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


たっ君のムートンブーツの話
たっ君は寒さに強い子なので1年間素足だったり膝が出ていたりしますが
寒さうんぬんよりも足に布がつくのが嫌なんですよ。
寝るときもロング丈の綿のスリーパーなのでズボンははきません。
感覚過敏だから。
逆に寒さをあまり感じないのでその反面感覚鈍麻なわけです。



サラリーマンの従兄がスーツのズボンの下にメンズタイツ,ももひき,さらにパンツを2枚と言う
すごいかさねばきをしているのを見てびっくりしました。

以前まーたんがスキニーの下にヒートテック2枚ばきという離れ業をやってましたが
なんでみんな下半身にそんなにいろんなものはくの?

小学校でも1年間半ズボンに素足だったたっ君にはちょっと分からんわ。
上半身は重ね着しても長袖でも平気なのですが(ポリウレタンのジャージやチクチクするセーターは嫌い)
腰から下はね。
靴下はもう無理。冬でも足の裏に汗かくから。
そもそもムートンブーツがあったら靴下いらんやろ。


そしたらたっ君の2000円のブーツに穴が開いてしまったので
15432031320.jpeg


新しいのはこれ。
これ前からずっと欲しくてこのブログの読者様の時雨さんと可愛いねーと話してたやつ。
セール待ちしてやって買えました。
15432031850.jpeg
同じの何足も買ってますので穴があいたらはきかえるいつものパターンで履くつもりです。
この秋からずっとはいていますが前のやつよりもムートンが一層くらい厚めで足の裏がもこもこっときもちいい。
Lサイズは24.5cmだけど25.5cmのたっ君にちょうど。
ちなみに1080円!
だから同じ色ばっかりまとめ買いしたので2年分くらいもつかなと思ってる。

ムートンブーツは一度はいちゃうと
普通の靴がはけなくなるんですよね。歩きやすいし軽いし体の邪魔にならない。
仕事で特に荷物を担いで走り回るのはちょうどいい。
はいているのを嫌い!という人がいますがそういう奴は一度はいてみれ。
脱げなくなるから。
皮靴で荷物運んでる営業マンとか見たらもうちょっと世の中カジュアルダウンしたらいいのになと思う。

ただたっ君はたとえムートンブーツでもピンクでないとはかないからなかなかないのよね。
それもくすんだピンクは絶対嫌だから
気に入った色で安くて(とにかくはきつぶしていくので2000円以下でないと)
って探すのが大変なのだ。


>>ひろりんさん
ホッホッホ。そりゃもう。
むしろまーたんに振り回されてアウトレットモールの椅子で荷物の番をしながら
3DSピコピコですわ。

テーマ:靴の選び方 - ジャンル:ファッション・ブランド