fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ウルトラマンブレーザー神作かもしれん
ブレーザー2話目
これは結構神作かもしれん。
隊員同士の会話に常に小ネタが入っていて退屈させない。
引き合いに出すのは申し訳ないけどたっ君にトリガーがあわなかったのは
そこや。
トリガーはこういう小ネタみたいな会話がないからウルトラマンが出るまでの
ドラマパートで退屈してしまってお前らいつまで無駄話してんねんになってしまってたから。
せめてマナカケンゴがすげー馬鹿とかものすごいふざけた弱点があるとか
そういう属性があればよかったけどそういうなのもなかったし最後まで真面目腐った
話で終わってしまった。
だからたっ君はトリガーはサブトラマンとしてのキャラは嫌いじゃないんだけど
本編のシナリオが好きじゃなかったよ。
逆にマナカケンゴとトリガーは準主役のサブトラマンとしてはかなり適したキャラなんだよな。
多分それは作る側もうすうす気づいていてだんだん途中からアキトが主役になってたし。



ブレーザーは常に隊員内で誰かがやらかしたり困ってたりなんかが
起きてて退屈させない。
ペンがない~インクが出ない~もおもしろかったけど
1番声出して笑ったのはげんと隊長の背中で書類を書こうとしたらペンがかみをびりっと
いっちゃって(多分パワー型キャラだから力が強すぎた?)げんと隊長が「いてー!!」
ととびはねるやつ。

たっ君はこういうのでいいんだよ。

第1話で最初に出てきた作戦本部の人もチームに入ったのか。これは胸熱だな。
スナイパーの子はキャラや性格がわかざえもんさんぽい。

隊員の中に嫌いなキャラが今のところいないのが大事。

ブレーザーのあの光線は他の物や道具の形に変化できるんだねぇという
オチもよかったしな。
漁師のじいさんがなんか研磨してたのは気になってたけど
あれ銛だったんだね。たっ君はてっきり伏龍みたいなやつかと思っちゃったよ…。
で,そのじいさんに対してげんと隊長も怒ったり真面目な
感じじゃなくて
「はぁ~当たりますかね?」
って普通のおっさんみたいにへらへらしてたのもいい。
今回のコンセプトはおっさんウルトラマン
てイメージが強い。
16893845140.png


ほんまたっ君はこういうのでええねん。
平成前期やトリガー路線のまじめかつテンポの悪いのはいらんねん。
たっ君がメビウス出戻り組でそれ以降ずっとウルトラマンを大事にしてるのも
今のこの路線が好きだから。


テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ


やっと見れたウルトラマンブレーザー
やっと見れたウルトラマンブレーザー
ずっと貧血で寝ていたので30分番組をじっくり見られる状態ではなかったのです。

というわけで第1回目は
最初自衛隊的なのが出てきてなんかシン・ゴジラみたいなのりだなー
こういうのはゴジラでやってくれよウルトラマンはそういう人間やおきもちのストーリー
いらんからさと思ってたし
何より登場人物の戦闘服が全部真黒で誰が誰だかわからない。
このシーンだけでも結構退屈でたっ君にはつらくてなかなかじっくり見られなかったっていうのもある。
比較的早めにひるまげんとがウルトラマンになってくれたので
それはありがたかった。あのまま30分番組内で20分以上シンゴジラみたいな戦闘シーンを繰り返されていたら
きついなぁと思ってたから。

ブレーザーはデザインは顔のフリフリキラキラがゴスロリブランドに一時期良くあった仮面型アクセ
みたいでたっ君はお気に入り!…なんだけど
見た目がキラキラしてるのに
声が完全に酔っ払いのおっさんみたいで
たっ君は声出して笑った。嫌いじゃない。
攻撃をよけるときにとっさに壁にのぼったりもおもしろいし
なによりも動きが昭和のプロレスみたいで
タロウ兄さんやA兄さんやベータスマッシュみたいだ。
同じパワータイプでもタイタスさんのような平成・令和の動きじゃなくて
あくまで昭和っぽいのが逆にたっ君は新鮮で見てられる。
敵を挑発するときに意味なくその場ジャンプしたりいちいちおかしいし
いろいろ詰め込もうとしてくれてるのがわかる。

それと来週からはひるまげんとのユニフォームも黒っぽいやつから
青になるらしくてその方が助かる。
全部真黒だとヘルメットもかぶってるし暗い場所だと誰が誰だかわからなくなるし。

ちなみにたっ君はウルトラマンのポシェットやリュックを買う時に
黒と青の選択肢があったら青をとる。
黒いカバンは暗いとどこに置いたらわかりにくいから
たっ君はなるべく持ち物は黒を避けるんだ。

はじまり方の期待感としてはまず様子見だ。
だけどオーブのように序盤は微妙だったけどだんだん名作になるのもあるし
そこは期待してるし。
なによりウルトラマン単体としてのブレーザーが上記の理由でなかなか
斬新で興味を起こさせるものなので第2回目以降も期待しているよ。

16893075040.png

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ


団次朗さんが亡くなる
ウルトラマンジャック兄さん役の団次朗さんが亡くなりました。
いつまでもレジェンドの5人としてそろっていてほしいという気持ちがあるはんめん
ドリフでケンちゃんがいなくなり仲本さんがいなくなった時点で
レジェンドの5人が全員そろっていることじたいが奇跡でいつかは1人ずついなくなってしまうのでは…
という覚悟もありましたができれば本当はそうなってほしくなかった。
僕が元気で生きている間はずっと5人そろっててほしかった。
それが団次朗さんになってしまうとは。
0408231.jpg

僕はルックスではウルトラマンの人間態はジャック兄さんの団次朗が好きでした。
16814373930.png

ブログの常連読者様なら分かると思いますが
男性枠ではいかにもたっ君が好きそうな顔です。

あと昭和のウルトラマンの曲だとジャック兄さんの曲が1番好きです。

ジャック兄さんの思い出はダン隊長に怪獣ボール(セブンガー)を
届けに来たエピソードですね。レオの中でも僕のお気に入りのエピソードの1つです。
中盤までは一切台詞がなくマスクで顔が半分隠れて
その状態で何がやりたいかどこへ行きたいのかというのを表現する演技が
印象的でした。

僕は団次朗さん=ジャック兄さんだと思ってるけど
でもジャック兄さんは光の国に帰ったんだ!という表現は嫌です。
うまく言葉で言えないですが亡くなったあとにまでそんな綺麗事やおきもちを持ち込みたくないと言うか…
とにかく残念で悔しいです。悲しいです。

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ


ウルトラマンデッカー最終回
ウルトラマンデッカー最終回だった。
たっ君が1番気にしていた『どんな形でもいいからアガムスを生きた状態でバズド星へ帰してほしい』
という希望はかなえられなかったっぽいけど
死んだ嫁はんと再会して成仏という設定になってしまった。

戦闘は最終回だけあっていろいろ出しまくってた。
テラフェイザーの背中を上がってジャンプして前に出るとかそういうの見てると
すげぇなって思う。
あのスーツはすごい視界が悪いから足を滑らせてあの高さで勢い余って落ちたらどうしようって
もしたっ君があの立場だったら怖くてできない。
あと走るデッカーと人間サイズでアサルトライフルを撃つケンゴを1枚の映像に入れるのは
最近やりがちな手だけど分かっていてもやっぱり上手いなぁ。と。

映像に関して面白いなこれいいなと思ったのは最終回の前のエピソードの
精神世界みたいなところでかなたがアガムスに笑顔で『アガムスー!』っていうシーンが
普段かなた役の役者さんはかわいい系の顔なんだけどこのときだけは
別人ですっごい顔がぐしゃっとなってまぬけっぽい不細工な顔にうつってしまったとき
たっ君は誰だお前とm9(^Д^)プギャーしたんだけど
16743550190.png

あとで考えるとストーリー上
あれは意図してああいう崩れたマヌケ顔になるようにとったのなら役者も監督もすげぇなと思った。



で,
スフィアに飲み込まれて精神世界に送られたのは
かなた,りゅうもん,いちか,副隊長,隊長…までは分かるがハネジローお前もかい!とツッコミ
入れた人はたっ君だけではないはずだ。
でもまぁAIも人間と同じ命という表現では僕も嬉しかったけども。
もう1つツッコミどころはスフィアが壊れて火星からちきうに戻ってくる人間達の飛行機が到着するのが速すぎる!

あと作戦を隊長が委任するときにりゅうもんがいつもの腕を横にする『ラジャー!』じゃなくて『はい!』
だったのもよかったな。

隊長は最後まで『おかん』的な人で
俳優さんは男性なんだけど持ってる空気感がつねに女性リーダー的な
ところがあって
かなたが俺がデッカーなんですすんませんと名乗り出た時にそのことにたいするツッコミよりも
かなたのけがや病気について心配する言葉が出たのがこの隊長らしいなぁと。

そのへんの隊長の独自性にたいして副隊長は普通の反応でうまくバランスとってる。
であの重苦しい雰囲気にケンゴが『実は僕もトリガーなんです!スマイルスマイル!エヘ!』
と出てきて今まで空気を読まないうえにトリガー本編で一度も役に立たなかったケンゴの『スマイルスマイル』
が初めてクソの役に立った。
そういう意味ではこないだも書いたけどトリガーとマナカケンゴォは主人公にするのは本当に向いてないけど
主人公のウルトラマンのサポート役にするには(アストラやビクトリーやヒカリのような)かなり適した
キャラクターではある!と本当に思う。

デッカーはテラフェイザーとかマザースフィアザウルスとか新キャラの造形もたっ君好みのデザインと色使い
だったし。



残念なところはアガムスが成仏してしまったことと(でもこれだとタイムパラドックスで未来のバズド星で
アガムスは生まれないことになってしまう?)
グレゴリ星人の親子やナイゲル局長のその後が投げっぱなしになって
なんの追加情報もなかったこと。
ラゴン様のおばあちゃんも気になる。
かなたの子孫のおじさんはどうなった?

そしたらガッツセレクト交流会にあのウーバーのピット星人の子が出るらしいね。
でも本編の最終回でせめてちょこっとでもデッカーに関わったあの人達をだしてほしかったなというのもあるけど。

デッカーのすごいところは登場人物にやな奴が1人もでてこないというところ。
たっ君が普通のドラマやアニメや漫画が嫌いなのも数人は必ずやな奴ウザいやつが出てきて
いらっとするんだけどそれもなかったし
なによりふと気がついたのはデッカーの登場人物ってアガムスも含めて悪人がいない。
あ,1人だけ怪獣博士の先生が悪人だったけど。
かなたもいちかもりゅうもんも隊長も副隊長も
ウーバーのピット星人もグレゴリ星人の親子もナイゲル局長と秘書もラゴン様のおばあちゃんも
全然悪人ではないんだよね。
そういうのもよかったと思う。

トリガーのストーリーの置いてきぼり感やリズムの悪さの失敗をちょっと反省してちゃんとウルトラマンしてたと
いうのも分かるし。
半年間たっ君は毎週ツッコミをいれつつ見ていましたです。
zやタイガの頃に比べて感想文の記事数が少なかったのはたっ君の体調不良のせいもありました。
すまみせん。

さぁギャラクシーファイトだぞお前ら!!(だからたっ君空気読めって…)
ギャラクシーファイトの感想はネタばれをさけるためつべの配信最終回後にしゃべるよ!
オタノシミニ!

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ


僕はトリガーのことはサブトラマンとしてはそんなに嫌いじゃないむしろ好感を持ってると気がついた
最近僕は気がついたのは
僕はキャラとしてのウルトラマントリガー(マナカケンゴ)が嫌いなんじゃなくて
テレビ作品としてのウルトラマントリガーが好きでないだけであって

ぶっちゃけトリガー(マナカケンゴ)は主人公ではなくサブトラマンとしてなら
かなり映えるキャラだと気がついた。
コスモスに対してのジャスティスとか
レオに対してのアストラとか
メビウスに対してのヒカリとか
ギンガに対してのビクトリーとか
みたいな感じで
ウルトラマントリガーという作品として出すより
zとデッカーのサブトラマンとしてトリガーのみ2年連続で出すとかやる方法が
よかったんじゃないかと思う。

実際トリガー本編でも途中から主役がヒジリアキトに路線変更されたから
まだましだったものの
トリガー(マナカケンゴ)はあまりにも生い立ちやキャラメイクが
主人公ぽくないしことあるごとにスマイルスマイルいうわりに
カナタやはるきに比べておとなしめのキャラで熱血でなにか事を為すというようなキャラでもないので
いまいち盛り上がりどころが難しい。
植物学者だからもともとインテリ層なわけで何かお馬鹿な大ボケをかますわけでもない。


マナカケンゴの俳優さんも色白で痩せ型の優男めだったし。
結論から言うと主役ウルトラマンにするにはぶっちゃけあってなかったと思う。


ところが,デッカー放送開始以降すでにトリガーはサブトラマンとして3回登場しているが
テレビシリーズトリガー本編にいつも思っていた不快感はないしむしろデッカーのサポート役としては申し分ないと
思っている。
マナカケンゴとしての性格もおとなしめの性格だからやかましいカナタと
バランスが取れてちょうど良い気がしてきたし。

そういう向き不向きはある。
16723655080.png



テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ