FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君,パプリカの気分で昼間なのに静まり返った外を歩く
たっ君は昨日3カ月以上ぶりに昼前に外を歩いてびっくりした。
最初は市役所とドコモショップに行くために自転車でビジネス街の方へ行った。
そしたら本当に人がいなくてびっくりした!
僕はみんながSNSや電話で本当に人いないいない言っててお前ら大げさすぎ
イオンに人いっぱいおるで!と笑ってたんだよ。で,昨日
えっ…てなった。
ノーマスクに綿のワンピース1枚に素足で帽子だけかぶったたっ君の自転車とマスクを付けて
冬服でうつむきかけて暗い顔で歩いている人達がすれ違う。
で,嫌な予感を感じたので今度は歩いて繁華街へ移動した。
ほんとに駅前も人が少なくて
opaもしまっててそごう(いまだにそごうと呼んでいる)も地下だけやってる。
センター街もシャッター目立って人がとても少ない。
まるで終電後のセンター街みたいだと思った。
まだ晩飯の気分じゃなかったのでしばらくまわりをうろつくことにした。
歩いている間とても僕は不思議な気分でまるでパプリカのopのような気分になっていた。
人どおりのない深夜の街をパプリカがとび跳ねるようにたっ君もふわふわとび跳ねるように歩いた。


ある日人類が滅亡して普段動物園の檻にいる動物が人間のいなくなった町に出てくるって
こんな気分かなと思ったり。

たのしい,おもしろい,と言ったら不謹慎な!と怒られるかもしれないけど
たっ君はとても不思議でふわふわした気持ちで少し楽しいと思った。
人がほとんどいない静まり返った不思議な町をパプリカのようにノーマスクに薄着のたっ君はぴょこぴょこ飛ぶように移動する。
今の俺パプリカみたいじゃん!って。
本当にそう思った。
SID0013325.jpg

で,ぴょんぴょん歩きすぎ,腹減ってきつくなってからめっちゃすいてる王将で晩飯を食って
自転車でいつものイオンに行ったら
専門店街はしまってるけどたっ君はおやつと餌を買いに来たので関係ないし
ここだけはいつもと変わらない電気がついててにぎやかな音がして
いつもと変わらない人通りがあってたっ君みたいなノーマスク軽装の人も半数近くいて
なんだよ,ちゃんとみんないるじゃーん!って
ほっとした。

…歩いてるときはふわふわしておもしろーいと思ってたけど
対比でにぎやかなイオンを見るとやっぱり静まり返った不穏さは無意識化で感じてたんだね。
スポンサーサイト



テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体


みほとけさまが見ておられる
たっ君は小説もドラマといった架空のものがたりがあまり好きではない。
本も嫌いだ。

本当は
たっ君はかつて本好きだった。
国語も嫌いじゃなかった。
中学で古典がはじまって一気に国語の成績が下がった。
高校ではもっと下がってたっ君は国語が嫌いになった。
現代文でも学年が上がる事になるとどんどん難しい漢字が増えたり
文章が長くなって退屈してくるからだ。
そしてなによりも挿絵がない本なんてつまらない。

たっ君がそもそも本や国語が好きだったのは先生の読み聞かせを楽しみにしていた。
紙芝居とかすごく楽しみで。
メジャーなおとぎ話や普通の話も好きだがたっ君は幼稚園の頃はおしゃかさまのおしえの紙芝居が楽しみだった。
たっ君の良い子回路は多分このおしゃかさまの教えをといた紙芝居や絵本,朝礼での住職の園長先生の法話が
関係していると思う。
だからたっ君は宗教は嫌いだけど倫理学や道徳として仏教が自分のベースにあると思うんだ。
それ思うとたっ君を仏教系の幼稚園に行かせたことは正しかったと思う。
実際仏教は宗教でありながら哲学としての研究対象にもなる。
だから普通の幼稚園からきた大部分の子供達とたっ君が合わないのは無理もない。

たっ君は「みほとけさまがみておられる」からという気持ちがあったので
先生が見ていないからと言って掃除をさぼったり人をいじめたりするのが理解できない。
なんて罰当たりなと思っていたし今も思っている。
いたずら目的で故意に迷惑をかけたりする子たちが普通にいる
公立小学校はたっ君には合わなかった。

その反面僕はスピリチュアルを否定するし宗教大嫌いだから
矛盾しているかもしれないが,
とにかくみほとけさまはどこかにいらっしゃって僕達を見ているのだろうとは思う。

ただ,園長先生は『嘘をつくと地獄に落ちる悪人は地獄へ落ちる』とかそういう地獄の話は
していなかった。
多分そういうのは子供を脅すことになるからだと大人になって気付いた。

僕は高価な院号が欲しいとか思わないし(でもどうせならなんとか院居士くらいはほしい)
何か見返りは求めないけど
とりあえずなんかあったらお経は分からなくても南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏はよく心の中で言う。

エジプトのミイラ展で本物のミイラがあったらやっぱり手を合わせて南無阿弥陀仏を唱えてしまう。
死者に敬意を払って
成仏を拝むのは当然の事だから。こうして後学のために(本人はそのつもりはなかったとしても)体を残して下さった事に
感謝をしないといけないから。
ようするにたっ君のモラルや良心回路や死体蹴りを絶対しないっていうのは
宗教的生活はしていなくても普段の生活にそういう仏教的道徳や哲学が盛り込み済みってわけだ。
だからコンプライアンスを無視するような事を平気でしたりとか大きな悪事でなくても
おもしろいからといじめをしたり叩きたいから死体蹴りをしたり傘パクはしょうがいないゴミ箱が
ないからポイ捨てしたといった考えを見ると
こいつらはモラルと言うものはないのか?と本当に理解に苦しむのだ。
やっぱり小さい頃に平易な言葉でみほとけ様,あるいはイエス様といった存在を
使って人の倫理や道徳について教育するのも大事ではと思う。
15820010190.jpeg

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術


モンティパイソンのテリー・ジョーンズさんなくなる
たっ君はドリフも好きだけどイギリス版ドリフとも言うべきモンティパイソンも大好き。
そのメンバーの1人,テリー・ジョーンズさんが77歳で亡くなった。
とても寂しい。
この人がいないともうスパムスパムコントは見れないし
まさかのスペイン宗教裁判も見られない。










ご冥福をじゃなくてとにかくさびしいという気持ちがある。
とてもとてもさびしい。
spam.jpg


テーマ:お笑い芸人 - ジャンル:お笑い


もしもたっ君がヨナタンやワルターのようにスラオシャと合体したら
たっ君は人間でありたくない,
人間やめたい
でも死ぬのはもっとごめんで,
人でもない動物でもないなにかとなって自分の意識と記憶を持ったままこの世で生き続けたい。
結局そう言う事なのだと思う。
だから攻殻の義体化やメガテンで悪魔と一体化することに憧れたり
人格のあるトランスフォーマーでありたいと思ったりするのだ。

僕は他者や社会のせいにはしたくないから
とにかく自分が変われるならそれがベストだと思う。

ストレンジジャーニーもヒメネスとバガブーが一体化したし,
ワルターはルシファーと
ヨナタンはメルカバーと一体化した。

だから僕は完全に人権を捨てて米軍所属下のラプターのAIロボットで
空爆や領空侵犯対応の仕事をして
生き続けるのか
スラオシャと一体化するのがベストだ。

死にたくないのと人間に絡まれるのはもうごめんだと言っている。

そういえばヨナタンもワルターも必要に応じて人間の姿に戻っていた。
ルシファーも人間に化けてよく出てくる。

だったらたっ君もウルフェスやliveにに行ったりprettyのお茶会に行ったり
外に出るときだけ一時的に人間の形をしていればいいし(遠隔義体のようなものに
自分のデータを移す形でもいいけどそれだとお茶会はともかく心の底からウルフェスやliveを楽しめない)
任務や仕事のときはラプターかあの青いクリオネの姿で生きることになるのなら
それでも構わない。

たっ君は電波ではないしそんなこと不可能だとは思うけど
人間とは違う別の何かになって
今の自分の記憶や人格を保ったまま生き続ける事はできないだろうか?といつも思う。


ちなみに僕がスラオシャを自分の守護天使であり専用ペルソナだと思ったのはソウルハッカーズに
登場してからだ。
スラオシャはバランス型の多い大天使の中でも1人だけ魔法攻撃に特化したキャラで
しかも男性人格だ。ちょっと珍しいだろ?
しかもベイバロンの気という魅了属性の補助スキルも持っている。いわゆるマリンカリンの強力版だ。
男性人格で魔法攻撃に特化してしかも魅了スキルをもつ。
つまり知性派イケメンってこと?
姿もたっ君の好きな明るいミントブルーだし
巨大な羽を背負っている。

そこから僕はスラオシャが好きになり自分でもスラオシャやゾロアスター教について調べることになった。
それに関しては過去にも書いたけど
ここを読んでほしい。
http://perfectgarden.blog19.fc2.com/blog-entry-7171.html
ソウルハッカーズがリリースされ,僕がプレイしたのは10代
の頃だから僕が今でも人生の半分くらい自分の専用ペルソナはスラオシャだと言い張っている
このスラオシャという大天使に対する情熱,集中力はだてじゃないってことは分かってもらいたい。
10代の頃からずっと背中から腰にスラオシャの翼のタトゥーを入れたいと思い続けているが
プールに入らないといけないのでできないだけだし日本中のプールがタトゥーOKになれば
当然入れていたくらいだ。
あの青い6枚羽を。

スラオシャを最強の氷属性に特化した魔法警鐘をするためなら1日中レベル上げだってしてきた。


今もイザナミの氷反射を有効活用するためにたっ君はレベル上げを頑張っている。


そんなたっ君が自分を投影したいキャラ,元ストライクイーグルのラプター(これはスタースクリーム由来だが)
大天使スラオシャ,
この2つにはいくつか共通点がある。

それは創造主でも人間でもないと言うこと,
どちらも翼を持っていること,
↑の2つは僕にとってまず重要で,
次に
どちらも戦士階級であること,
そして…かつ汚れ仕事も担っていてメインストリームのなかでは生きず,メタとして生きていること。

翼はまずたっ君が移動するためにはどうしても必要なもので人間の足と同じだと言っていい。
ただ,僕はイラストによくある天使の翼は小さすぎると思う。
体に対して翼はそれを覆うくらい大きくないといけない。
実際スラオシャはメガテンでも実際の宗教画でも4枚~6枚の翼が体を覆うようにデザインされている。
DLQ1.jpg

次にたっ君はラプターであるにしてもスラオシャであるにしても国家や軍(米軍だろうがディセプティコンだろうが)のトップや創造主
のお使い(使者)でしかない。
実際僕は隊長が司令官であり,たっ君はその下のただの航空参謀にしか過ぎない。
方向性を決めるのは上であり,それに応じてたっ君がある程度現場判断して動く。
だからメルカバーがあそこまで独裁者になるのは天使としては間違っている。そこまで独走したければ
創造主のもとを離れ,ルシファーのように自分の勢力を作ってくれ,と思うのだ。


そして戦士階級であること。
たっ君の闘争本能の高さはそこからきていると思う。
邪魔なもの,悪質なものは破壊しなければならない。それを誰もやりたがらないなら
わりかし平気な僕が買って出るしかない。
ゴッドアーミーという映画や政策と錠で頓挫したゲームの人工失楽園の脚本にはこんなフレーズがある。
『天国には武器を持った天使がいる』という聖パウロの言葉だ。
ルシファーを追い払った後なぜ天使が武装する必要があったのか?一体何から天国を守っている?
これについては僕も分からないけど実際武装した天使の絵はいたるところで見受けられる。
ただゾロアスター教の中でスラオシャが戦士階級であることは知られている。


最後に汚れ仕事について。
ストライクイーグルはマッドヘン(泥だらけの雄鶏)というあだ名を持ち,対地ミサイルを
片付ける仕事をしていた。要するにイーグル兄さんのような純粋な戦闘機のように同じ戦士同士の決闘的というより
たまたまそこにいた無抵抗の人を巻き込んだり建物もぶっ壊す。
ラプターになった今も人手不足からたっ君のいる遠征殴りこみ隊はそういう汚れ仕事に駆り出されるのだ。

スラオシャもまた戦士ではあるものの人間が寝静まった後に出てきて暗殺者の如くアンリマンユの率いる
不浄や憤怒や飢えや渇きを象徴する敵と戦う。

文民や宗教家に比べて戦士階級が差別化されるのは世のならいで,
実際にスラオシャは解釈によってはアムシャスプンタ(6大天使)に加わられる説があるものの
メインの解釈ではあくまでアムシャスプンタより格下の存在にされるという不安定な存在だ。

天使軍のトップであるミカエルですら元の身分はそれほど高くないらしい。




受胎告知をするガブリエルや人間にインスピレーションを与えるような綺麗な仕事,
エアショーでデモフライトで華やかな飛行を見せる拍手喝采を浴びる仕事,
ではないのだ。

しかしそういった人目に付かない汚れ仕事をすることで人間と関わることなく
思う存分人間やメインストリームから離れたメタの存在として生きることができるのだ。

僕が昼休み運動場で遊ぶでもなく教室でオタ話でもりあがるでもなく
給食室で黙々と残飯を捨てていたように。
大学の実習時間は力仕事を買って出るし
何時間も無言で選果作業をしていたり,
真冬でも大根洗い機に手を突っ込めるのは僕だけだったように。
皆はいつも大根洗い機の前に立つ僕を変わろうか?冷たいんじゃないの?と
心配してくれるが,僕は大勢でがやがやしゃべりながらの作業よりずっと楽しいのだ。

メタの存在であることで彼らの階級から外れるし何より絡まれることがないのだからこれほど
ありがたいことはない。僕は上からの作業命令を受けつつ
思う存分,メタとして,特定のストリームから離れることができる。

それが戦闘機であり,大天使のポジションなのだ。


もしスラオシャが『私とともに行くのだ』と言ってきたらたっ君は二つ返事でその場で了承するだろう。
マハブフダインと大冷界と氷結ギガプロレマと氷結反射を装備して人間たちの知らない戦いに赴く。
その気持ちは10代の頃から変わっていないと言うこと。


テーマ:神話と事象 - ジャンル:学問・文化・芸術


たっ君こどものころ世界で1番大好きだったカリンチョさんを見てまた元気に戻ろうと思う
最近よくひろりんちゃんと舞台の話をします。
ひろりんちゃんは歌舞伎が大好きでたっ君は小学生時代は宝塚が大好きだった。
男は入団できないの知ってショックで泣いたのは中学に入ってから。
(たんに軍隊とかと同じで女性がなりたがらないのと同じで男性が入らないのと思ってた。
)
その後V系に出会うんだけど…

だからもうずっと忘れたままになってた。
でもひろりんちゃんが歌舞伎を見に劇場に行く話とかブロマイドの買い方ときいて
昔を思い出して,たっ君の当時世界で一番大好きだった杜けあきさん(カリンチョさん)を思い出して
たっ君が実際に劇場で見た現役時代だけでなく,
退団後の僕が知らないミュージカルやコンサートの歌を聞いたり見たりして
すごく懐かしい気分になってほっこりした。
そしたら当時の懐かしい他のスターさんも出てきて色々聞いてたけど
やっぱりカリンチョさんのに戻ってしまった。

カリンチョさんの歌きいてたらたっ君はほんと当時リアルタイムで素晴らしい歌声
を生の劇場でたっ君は聞いていたんだなぁと思い出させられた。

カリンチョさんの声は当時ビロードの声と呼ばれていて
男役なんだけど歌によってはちょっと裏声使ってセクシーな大人の女性のような歌い方を
しててそういうところにどきっとしてた。
なんていうんだろう男くさい男役じゃなくて女性がやってる男役のところどころでる女性らしさに
たっ君は好きだったんだと思う。

これは最近のカリンチョさんの歌らしいけどたっ君が聞く感じでは
そんな変わらないと言うかこの人は男役時代からこんな歌い方なんだよね。







カリンチョさんにまた会いたくて恋しくなった。

この当時の小学生のたっ君は今よりいじめられたり嫌な先生で怒られたりして毎日大変だったけど
今より不安が強かったり悲観する性格ではなかったのに。
いつからこんな不安が強い弱虫になったのだろう。
たっ君は何が変わったの?
頼れる人がいないから?そんなことわない。
せっかく頼って励ましてもらってもこころのどこかで自分を否定してしまう。
そして余計な事や失敗するかもと毎回考えてしまうから。


でも考えてみるといつも余計ことや失敗するかもというわりに実際そんな恐ろしいことは
それほど起こっていない。
そうだ。

怖い不安と言っても僕は死んでないし大事故は起きていない。

そう思うと少し元気出た。
カリンチョさんのことをたくさん思い出せたのはひろりんちゃんのおかげだ。
歌舞伎と宝塚は全然違うけど片方の性別ばっかりの世界とか
ブロマイドの買い方とかよく似てて色々思い出して。
おもしろかったのはひろりんちゃんから立役より女形がでかいと腰をかがめるので
大変と言う話をこないだも教えてもらって
カリンチョさんと相手役'のみきこ(鮎ゆうき)とおんなじだ!とたっ君は笑ったっけ。
同性同士でペア組むとそう事って珍しくないってことだよね。


カリンチョさんは男役なのにすごく背が低くて細かったし。細いのに女装すると巨乳でみすたさんと2人でびっくりしたなぁ。
お尻も燕尾服やピタッとした長ズボンをはくと男役にしては丸かった。だから和物の着流しや袴が多かったのかな。
まぁたっ君は多分↑の声の事もあるけど男男男くさい男役じゃなくてそういう女性の色気の見え隠れするところに
ひかれてたんだと思う。当時たっ君小学生低学年だったけど。
でもそれが気になったことはなかった。それがトップスターの存在感てやつ。


ひろりんちゃんと舞台の話を最近よくしてたのもあるからひろりんちゃんのおかげでもあるし
昔の自分や大好きだった事を思い出せてカリンチョさんのおかげでもあるし
ブログの読者さんでたっ君のブログを楽しみにしてくれる人たちがいるおかげでもあるし

全てにありがとうだね。

たっ君は明日はもうちょっと元気になりたいと思います。
そんなにがんばらなくてもいい,心安からに元気になります。
07261911.gif

テーマ:宝塚歌劇 - ジャンル:学問・文化・芸術