fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



居場所がない 逃げたい でも逃げられないのはゆなもたっ君も同じ
僕にとって地球上のどこにも(ラングレー基地以外は)
明確な安全な場所はないのかもしれないな。
ゆなはコトゥン・ハーンのボス戦の直前に仁に「2人でどっかへ逃げよう」と行った。
僕はゆなを責めることはできない。
心のどこかで自信がなくなるのは人の弱さであり
それはゆなの戦闘能力の強弱と関係がない。
それでも仁はやらなければといいゆなもこれに従った。仲間たちも。
そして仲間たちと仁は生還した。
そしてその後もゆなはもう自分には誰もいなくなってしまったといったときに
仁が「俺がいるだろ」という。
17130021240.jpeg
仁が自分のことを『私』とか『拙者』とかでなく『俺』というのは大体何かを決意したり
大事なことを伝えるときだとたっ君は知っている。

仁が男らしくゆなを気遣うシーンはあとにもさきにもこれ1つなのだけど

それは恋愛的な意味とは限らないし
友情とか絶対的な仲間とかそういう意味もあると思う。
下手にヒロインをゆなにして恋愛ものを一切やらなかったツシマは本当にすごいし
たっ君ホイホイのすごい作品だと思う。



ゆながつねに逃げたい逃げなきゃ
ここは居場所じゃない!という困惑の感情は僕も全く同じものを
もっているので本当によくわかる。
でも環境やらなんやらいろいろあって逃げられないのもゆなとたっ君は同じ。

たっ君はどこにいても安全な場所なんてないし
一生逃げ回っていなくてはいけない。そのせいでなってしまった病気も多分一生治らないのも
あきらめてる。
救われることはあきらめたから宗教や絆なんてほしくないし
とにかく危険がいっぱいでつねに存在をおびやかされているんだ。

環境や育ちや持って生まれた障害を恨んだことはない。
ただ追いかけてくる敵だけが憎いので
それだけでもなんとかできれば僕はなんも不満はない。


スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


久しぶりのクマ耳なしのまーたん
久しぶりのクマ耳なしまーたん
0413245.jpg

でもやっぱりまーたんはクマ耳あったほうがバランスよく描ける。

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用


久しぶりに風景画
久しぶりに風景画
0413244.jpg
さぶすくのほとしょっぷになってからしばらくあんまり風景画は描いてなかったのに…

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用


弱いといくらでもむしり取られる損をさせられる
たいしてなにか恩恵を受けているわけでもないのに
自治会費が爆値上がりしてたっ君はブチキレました。
もうやめたいです。こんなの。
なんで人間1人当たりでなくて世帯当たりにするの?
だからたっ君が1人で結構な金額払わされるし
会費でお菓子やドリンクを買ってもたっ君には1人分しかもらえないし
なんならたっ君は設営に参加したのに意図してもらえなかったことも何度かあってかわいそうって
言われたこともある。
別にモノが欲しいんじゃなくてその不公平が許せない。

税金もこれと同じで
人種や性別や年齢で雇用差別されても税金や負担が一緒だったりも同じだし

コロナで派遣社員や学生アルバイトという弱い立場の人から順に職を失って
困窮してっただろ。
しかたのないことだからと弱そうで抵抗できないものから斬り捨てたり負担をかけたりする。
だって抵抗しない反撃しないのが分かってるからね。

弱いとトコトン損をさせられる。
子供同士でもそうじゃん。何か頼みにくいことを頼んだりいじめたりするときも
おとなしそうな屋だって言わなさそうな子を選ぶでしょ。
知ってんだ,俺。

生存戦略は2つ。
1つはその集団の中で社交性を駆使して何とか便宜を図ってもらえるよう奔走すること
ただしそれだと社交性のある人やコミュ強でないと疲弊する。
まぁそんな口八丁なやつはそもそもそういう不当な立場に置かれないけどね。

だからたっ君は2つ目のやりかたをとる。
状況に応じて無理なものは無理と突っぱねたり
正直にできないこと 約束できないことはできないと
伝えるようになった。
そのせいで嫌われたり怒られるかもしれないけど
だからといってむしりとられたり損をさせられたままでいればいくらでも
むしりとられるから抵抗してやるんだ。
0412241.jpg

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済


人はただ息をして労働して食べて死なないだけのために生きてるんじゃない。心豊かに生きる権利がある。
アラブニュースによると
4/10にラマダンが終わったので翌日から約3日間は断食明けを祝うイードというお祭りがあります。
https://www.arabnews.jp/article/saudi-arabia/article_116490/
この3日間は家族が集まって食事やお菓子を楽しんだり
お菓子やプレゼントを交換し合ったり
あとは子供たちにお菓子をふるまう行事だそうで
欧米の感謝祭やハロウィンみたいですね。

ガザでは去年は子供たちにおもちゃやお菓子をプレゼントできたのに
なにも用意できてないと悲しむ家族のインタビューがありましたが
それでも手作りののチョコレートやお菓子を作って子供たちに配っている話もありました。

イスラムは戒律が厳しいしお酒もダメなので
嗜好品としてのお菓子が結構メジャーなんですよね。
あとコーヒーも。
イノダコーヒーに「アラビアの真珠」ってコーヒーがいつも売られていておふくろは京都に来るたびに
自分の兄弟へのお土産に買ってく。
たっ君はコーヒーは飲めないけどイノダコーヒーのフルーツサンドとレモンスカッシュが好きだから行く。

話はそれたけどそういう嗜好品として
特にドバイはチョコレートが有名なんすよね。

僕はやっぱり人はパンのみに生きるにあらずという考え方でして
だからこそコロナでいろんなイベントやお祭りを規制したり子供たちの楽しみを奪ったり
というのはやっぱり許されることではなかったと思うのです。
それもありますけど最近ハロウィンにすら文句を言っている人がいて
日本の文化でないこんなもの必要ない!お菓子を配る必要はない!
と怒っている人がいて僕は残念に思いました。
その人が何らかの理由でお菓子を配らなければいけない環境にいるのならそれを
やめればすむ話で
周りを巻き添えにしてまで辞めさせる必要はないし
イベントごとやお祭りは多いほうが子供たちだっていい思い出になるので
僕はハロウィンのお菓子配りは肯定的に見てるんです。
それはムスリムのイードも同様で
ガザでこんな命の危うい戦時下であってもなんとか手作りでお菓子を用意して子供たちに配ってますって話を
きいて僕は大事なことやなって思いました。
https://www.arabnews.jp/article/middle-east/article_116529/
僕らはただ息をして奴隷のように生きているために存在しているのではないのです。
でもそうあるべきだというようなおしつけが日本でも続いていて本当に腹立たしい。

みんな心豊かに生きるための命なのに。
0410241.jpg

テーマ:中東問題 - ジャンル:政治・経済